タンドルージュの上手な使い方




こんにちは、かなです。

 

 

 

今年の3月17日に「白髪染めのカラーバター タンドルージュで美容院いらず?」

という記事を書きました。

 

この記事はは初めてタンドルージュ を使った時でしたが、

それから使い続けて、今2本目になりました。

 

美容院に通っていた頃のように、白髪が気になる苦痛もなく

過ごすことができて、本当にタンドルージュを試してよかったなあと

つくづく思います。

 

そして、説明書にも書いてある通りに髪の毛にツヤが出てきました

本音を言いますと、「まさか、そんなにうまい話があるはず無い」と

思っていたのですが、本当でした。

 

今回、タンドルージュ について漫画で描いたわかりやすい

パンフレットが入っていたので、それを元に改めて

タンドルージュ の上手な使い方を紹介していこうと思います。

タンドルージュ はどうやって染まるのか?

美容院や家庭で染める白髪染めは2つの薬剤を使っています。

その1つが閉じているキューティクルを開くもの。

 

もう1つが染料です。染料は「ジアミン」や「タール」など。

そして「ジアミン」は髪と頭皮にダメージを与えますが、

その影響はすぐには出ないので、被害が出ても放置されるそうです。

 

タンドルージュは染めてもダメージがない「ヘアカラーバター」。

キューティクルを開かないで、髪の表面だけを染めます。

 

それが可能になったのは「HC染料」が開発されたおかげ。

「HC染料」で髪を傷めずに白髪を染めて、

 

「ヘアカラーバター」は使えば使うほどに、ハリ・ボリューム・

自然なツヤが出てきます。

 

ジアミンを使っていない白髪染めやヘアカラーの染める力の比較

*ヘアカラーバターは髪の外側だけを染めるので、色落ちします。

2週間に1度は染めなおす必要があります。

また、白髪が見えるようになった部分だけに使うこともできます。




タンドルージュ の上手な使い方ー白髪染めの場合

初めての方は全体染めまで読んでから、お使いください。

 

しっかり染めたいので、入浴の前の乾いた髪にタンドルージュを使い、

30分〜40分置いてお湯で洗い流します。

*パンフレットには20分くらいと書いてあります。

 

具体的にタンドルージュ の使い方を説明しますね。

 

1、準備するもの

*タンドルージュ

*使い捨ての薄いゴム手袋(ドラッグストアで売っています)

*ヘアキャップ(100均で売っていますし、何度も使えます)

*万が一のために、汚れても良い前開きのシャツなど

*鏡

*テーブルに敷くチラシなど

ヘアカラーと違って床にたれたり、飛び散らないので、

タンドルージュ と鏡が置けるスペースに敷く分だけでO.K

 

2、ブラシで髪をよくとかします。

 

3、前開きの服に着替えて、ゴム手袋をはめます。

 

4、鏡を見ながら、白髪のあるところにタンドルージュを

塗ります。

 

 

5、特に分け目などに白髪が多い場合があるので、

白髪が多いところは、数回塗り込んでいくと良いでしょう。

 

6、家族など、見てくれる人がいたら白髪の部分が残っていないか

点検してもらうと、より綺麗に染まります。

頭頂部などは自分では見られませんので。

 

7、髪に塗ったら、櫛で全体にならします。

櫛でならしたら、タンドルージュ を髪に揉み込みます。

 

8、髪質にもよるので、調整していただきたいのは置く時間です。

この時にヘアキャップをかぶります。

私の髪は細いのですが、30分では染まり方が薄かったので

40分にしたところ、本当に綺麗に染まりました。

 

9、その後、お湯(35度〜37度)で、洗います。

この時、かなり色が出ますが、心配しなくて大丈夫です。

以前、パンフレットを読むまではシャンプーをしていましたが、

「シャンプーはしないでください」と書いてありました。

 

お湯だけで洗うと、色がついた水滴が落ちますので、

お湯で洗った後にタオルドライ用の物か、無ければ

タオルで髪の毛全体を巻いてしまうと良いです。

*タオルにも色がつきますが、洗濯すると落ちるので、

心配しなくて大丈夫です。

 

10、タオルドライをしてから、ドライヤーで髪を乾かします。

 

この時に、洗い流さないトリートメントとして、

「ミルボン ジェミールフラン メルティバター」を少量使うと、

髪がサラサラ・ツヤツヤになってラックスのCMと同じように

髪を上に上げてから、サラサラと落とすことが出来ちゃいます。

 

ミルボンのジェルミールフラン メルティバターは

全く髪質の違う娘も同様の効果が出るので、

かなりお勧めできる商品です。

 

 

 

実は天然パーマのために、ストレートパーマをかける予定でしたが、

それも不要になりました。

ちなみにお値段は100gで2000円(税抜き)なので、コスパも良いです。

 

タンドルージュの上手な使い方ー全体染め

 

始めてタンドルージュ を使う方や髪の毛がまとまりづらくなった時、

毛先の色が薄くなった時に

髪に栄養と色素を与えるために全体染めをします。

 

コツはタンドルージュ をたっぷり使うこと

分量はロングの髪でゴルフボール2個くらい

 

 

上のやり方と変わるのはのところです。

白髪にタンドルージュを揉み込んだ後に、毛先まで

タンドルージュを優しく揉み込みます。

とにかく白髪の部分に先につけてから、全体につけていく

感覚でいいです。

 

もし、毛先まで白髪がある方は一度、全体に揉み込んで、

30分〜40分置くことをお勧めします。

*パンフレットには初めての方は30分くらいと書いてあります。



白髪が残ったり、上手に出来なかったら

タンドルージュなら、髪を傷めないので、翌日にも使えます。

最初はなれないので、私も染め残しがありましたが、

繰り返し使ううちに、綺麗に染めることができるようになります。

 

タンドルージュで本当に美容院いらずに

いつでも家で簡単に染めることができるので、

美容院に行く必要がなくなりました。

 

次に美容院に行くのは、ヘアスタイルを変える時かな?

毛先まで綺麗なので、毛先のカットに行く気にもなれません。

 

タンドルージュはどこで買うのがお得?

 

一度タンドルージュの公式ページを見てみてください。

タンドルージュの公式ページはこちらから見れます。

 

1回目は980円、2回3回は2本セットになっています。

1本の定価は税抜き4980円です。

 

解約が出来るのは、3回目を受け取ってからです。

4回目以降は配達の間隔を、電話で変えることが出来ます。

電話の応対もとても優しかったですよ!

(こちらであなたが購入しても、私が得をすることは全くありません。

自分が使ってみて、本当に良い商品だと感じたのでお勧めしているだけなのです)

 

 

購入はAmazonでも出来ますが、980円のサービス価格は

ありません。定価と同じ値段でした。

 

少し安く購入できるのはメルカリでしょうか?

ただし、常にあるとは限らないのが難点です。

前回記事を書いたときはありませんでしたが、今日はありました。

 

長い記事を最後までお読みいただき、ありがとうございました。



ヘアケア関連記事

白髪染めのカラーバター タンドルージュで美容院いらず?

dearsで髪質が変わる

dears 美容院に2年通って、わかったこと

dearsで教わったヘアケアの方法を伝授します

dears美容院 首都圏の店舗の実体を公開します!

and and シャンプー&トリートメントで自分らしさを楽しもう