「病室で念仏を唱えないでください」1月24日放送の展開はこうなる?

こんにちは、かなです。

 

1月17日に第1話が放送された「病室で念仏を唱えないでください」は

見ましたか?

 

伊藤英明さん演じる救急救命の松本Drですけど、お坊さん。

医療ヒューマンドラマとして、人として考えさせられる

シーンやセリフがあって、奥深いものを感じました。

 

ムロツヨシさん演じる濱田Drとのこれからの展開も

気になるところです。

 

病室で念仏の第2話のあらすじの一部

 

川で溺れた中学生を助けるために出動した松本Dr。

松本Dr自身が30年前に目の前で川で溺れていく友人を

助けられなかったトラウマを持っています。

 

真冬にも関わらず、川に駆け込み少年を救い出す。

低体温・心肺停止で危険な状態の勉の心臓マッサージをしていると、

勉と同じ制服を着た少年が逃げていくのに気が付く。

 

それは勉が持っていたはずの亡き父からプレゼントされた

ボールペンがなくなっているのと関連がありそうです。

 


スポンサーリンク

病室で念仏の第2話の展開を予想してみた

 

逃げた少年の名は丸山という。

松本Drが病院内で丸山少年を見つける。

丸山少年は勉から勝手にボールペンを盗んだのではないかと思う。

 

ボールペンを丸山が盗んだことに気がついた勉は丸山を責めて、

2人は口論になり、ケンカの末にたまたま勉が川に落ちてしまった。

 

丸山がボールペンを盗んだ理由は何なのか?

ずっと前から丸山はそのボールペンを手に入れたかった。

ボールペンが高価な物なのか、

 

はたまた、丸山自身が親から愛されていないために、

勉の父は既になくなっているものの、

ボールペンは勉が父親から愛されていた証拠なので

うらやましくて、どうしても手に入れたかったのか・・・

 

松本Drはきっと丸山少年から理由を聞くことになるでしょう。

そして、丸山少年と深い話をする・・これが第2話のポイントに

なると思います。

 


スポンサーリンク

病室で念仏の第2話で勉は助かるのか?

 

私は「勉は助かる」と思います。

そうでなければ、松本Drにとって30年前のトラウマを

乗り越える話にならないからです。

 

私自身、軽くない意味でのトラウマを抱えているので、

「病室で念仏」のドラマで同じトラウマを2度味合わせてしまうと、

松本Drが今までと同様に仕事をしていくことさえ困難になってしまいます。

 

それが自らの体験で予想がつくので

松本Drは絶対に勉を助けることができるはずです。

 

病室で念仏には漫画の原作がありますが、

私は全く読んだことがありません。

そのため、独断で予想して書かせてもらっていることを

知っておいてくださいね。

 


スポンサーリンク

まとめ

川で溺れた勉は松本Drにより、見事に元気になる。

さらに、松本Drは丸山少年が抱えている問題について、

彼と話して、ヒントを与えることになる。

 

これが私が予想した病室で念仏の第2話の展開です。

当たるかどうかは1月24日夜10時からのお楽しみです。


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました