マウスピースの効果と歯ぎしりについて




こんにちは、かなです。

 

マウスピースを使い始めて10日ほどが経ちました。

使い勝手や実感した効果をお伝えしていこうと思います。

 

マウスピースの使い勝手

率直に言って、違和感はかなりあります。

夜寝る前に装着して、朝起きたら直ぐに外したい・・・

そんな日が1週間ほど続きました。

それでも、少しづつ慣れてきたような気がします。

 

私が作ってもらったマウスピースは歯の部分だけではなく、

上顎にも広がっていて、マウスピースをつけて喋るのは

一苦労なので、長い時間に及ぶ場合は外してしまいます。

 

マウスピースを使う前の顎の状態

 

20代の頃から気がついていたのですが、私の両あごの

噛み合わせに当たる場所・・・耳とエラの間あたりに

かなり大きい硬い物がありました。

 

自分ではそれが何なのか、もしかしてリンパの流れが悪く、

そこにたまっているのではと、ずっと思っていました。

 

歯医者に行く前に、マッサージ屋さんに行き、

聞いてみました。

すると思ってもいなかった答えが返ってきました。

「筋肉ですよ」・・・・・?



マウスピースを使った後の顎の状態

なんと、10日ほどで両顎の噛み合わせにあった硬いものが

ほとんど無くなりました。

 

結構、この硬い物は不快と何かわからないという不安は常にあり、

とても嫌でした。

 

マウスピースは私には必要なものなのだと感じています。

 

歯ぎしりとは?

 

歯ぎしりとは、上下の歯が不必要に接触している状態です。

歯科用語でブラキシズムと呼び、大きく分けて2つの種類があります。

 

1.グライディング:上下の歯を横方向にギリギリと擦り合わせている状態。

2.クレンチング:上下の歯をグッとかみ締めている状態。

引用 https://eonet.jp/health/article/_4102731.html

 

私の場合は自覚としては2のクレンチングが多いように思います。



歯ぎしりをしていると様々な影響が出る

 

●奥歯や前歯がすり減る

本来、歯の先端は細かな山形になっています。

しかし、歯ぎしりをするとその部分が削れてスパッと切ったようなフラットな形状になってしまいます。

 

●知覚過敏になる

歯ぎしりで歯に過剰な力がかかると、歯の表面を覆う結晶部分やエナメル質がはがれていきます。

それが悪化すると、その下にある象牙質がむき出しに。

象牙質への刺激は神経に伝わるため、歯ブラシが当たったり冷たいものや熱いものが

ふれたりすると知覚過敏が生じるようになります。

 

●エラが張る

歯ぎしりをすると口まわりの筋肉、いわゆるエラあたりの筋肉にある咬筋などに強い負荷がかかります。

睡眠中に歯ぎしりをしている人は、例えるなら咬筋の筋トレを一晩中しているような状態にあります。

そうすると咬筋や下あごの骨が発達し、エラが張ってくることがあります。

 

●歯のかぶせものや仮歯などが取れやすくなる

歯ぎしりで歯などに強い負荷がかかると、歯科医院で作った仮歯やかぶせものなどが取れやすくなります。

また、インプラントをしている方は、金具が外れたり取れたりしやすくなります。

 

●頭痛や肩こりにつながる

歯ぎしりによって咬筋などの筋肉に過剰な負荷がかかっていると、

それらの筋肉につながっている首や肩まわり・こめかみなどの筋肉にも炎症が起きやすくなります

その結果、頭痛や肩こりといった症状が出ることがあります。

 

●歯の位置が移動する・歯並びが変化する

歯と歯が強くこすれあったりぶつかりあったりすると歯が揺れ動きやすくなるため、

歯並びが悪くなったり、歯の位置が動いたりすることが考えられます。

特に50代以上の方は歯周病の併発に伴い、こういった症状が出やすくなります。

 

●歯周病の悪化につながる

歯ぎしりをすると、歯根や歯茎・あごの骨など歯を支えている土台部分にも大きな負荷がかかります。

そうなると歯がぐらついて歯と歯茎の隙間が広がり、細菌が入り込みやすい状態に。その結果、歯周病の悪化を招く恐れがあります。

 

●顎関節症(がくかんせつしょう)の原因になる

歯ぎしりをすると下あごが前後・左右に動き、顎関節に負担がかかります。

このような状態が続くと、顎関節症の原因となることがあります。

 

●口内で下あごや上あごの骨がふくらんだり出っ張ったりする

 

歯ぎしりの強い力が歯にかかると、上あごや下あごの骨が隆起することがあります。

口の中を指でさわると、下あごの内側や上あごの真ん中あたりにモコモコとしたふくらみが確認できるようになります。

 

 

私にある症状

*前歯がすり減っている

*知覚過敏が以前あった

*エラが張る・・しかし、元々の骨格だと思っていた

*歯の被せ物が取れやすい

*肩こりがひどい

*歯並びが悪くなってきたように感じていた

*顎関節症を以前体験している

*顎の骨が膨らんでいる(医師より指摘)



歯ぎしりの原因

現在、歯ぎしりの一番大きな原因はストレスと言われています。

私自身、顎関節症になった時は「感情」を失ってしまうほどの

大きなストレスがかかっていました。

 

以後、残念ながらストレスフルな毎日を送っています。

歯や歯茎の健康は全身の健康とも繋がっていると言われています。

早くストレスフリーな生活を送りたいです。

 

まとめ

特に歯ぎしりの影響を引用で詳しく掲載させていただきました。

これを読んで、セルフチェックしてみてくださいね。

歯ぎしりに気がついていない人は意外と多いそうです。



関連記事

歯が抜けて大切さを実感した

マウスピース 歯ぎしり用 値段は歯医者でいくら?

奥歯の抜歯後の痛みが全くなかったのは?
 

 

 

 

 

 

マウスピース 歯ぎしり用  値段は 歯医者でいくら?(2019.4〜)




こんにちは、かなです。

 

 

引用 http://www.warabi-shika.jp/price/

 

先日、歯科医でマウスピースを作りました。

歯がかなりすり減っているのを医師が見つけてくれたからです。

 

 

歯ぎしり用のマウスピースの効果とは?

 

・歯ぎしりによる歯のすり減りを軽減

・顎の痛みの軽減、顎関節症の予防

との説明を受けました。



歯ぎしりに自覚はなかったけれど

私は全く歯ぎしりの自覚もなければ、指摘されたこともありませんでした。

しかし現実には歯がすり減っていたのと、

医師がCT画像を見て、「明らかに歯を食いしばっている」と

正常な人のCTと比較して見せてくれました。

 

自分としては、食いしばりが酷いという自覚はありました。

正直な所数十年間続いています。

以上なストレスがずっとかかり続けていたからです。

 

その間、顎関節症にもなり口があまり開かなかったり、

顎から「ガクガク」という音が出ていました。

顎関節症は自然と治ったので、食いしばりについては

あまり気にしていなかったのです。

 

歯医者で治療中に口を開ける際に、あまり大きく開けることが

出来ずに、いつも済まないなあと感じていました。

これも、食いしばりが強い人の特徴だそうです。



マウスピースについて知らなかった

転居で神奈川県の歯医者に変わるまで、10数年も

静岡の歯医者に通い続けていました。

 

自分で歯がおかしいなと思っていたのは、下の前歯の

嚙みあわせるところがエナメル層がないのでは?

ということでした。

 

しかし、歯科医師からは何の指摘もないし、

怖い歯科衛生士だった為、質問すら出来ずにいました。

 

マウスピースを作ろう

歯医者を変わってCTの画像を歯科医師が見た瞬間に

「マウスピースを作ろう」と提案されました。

マウスピースって、私ボクシングの時に口にはめる物しか知らないんだけど・・・

 

さらに「3000円くらいかかるけど」とも。

医師から値段を言われた場合、大体自費のことが多いので、

てっきり、自費の値段だと思い込んでいました。

 

とにかく、出来上がるまでマウスピースがどんなものなのかは

全く見当がつきませんでした。



マウスピースに保険がきいた

マウスピースが完成して日の会計で、

自費に3000円らしきものがありません。

そこで、会計の事務の方に尋ねました。

 

「マウスピースのお金は?」

即答で「マウスピースには保険が効くんですよ。

料金は保険の3割負担で約3000円ほどです。

(今までは5000円ほどでしたが、2019年4月より3000円に変わりました。)

先日、マウスピースを作った時に、いただいてありますから」

 

まとめ

 

マウスピースを作るのに、特に痛みはありません。

しかも、保険がきいて3割負担だと大体3000円くらいで済みます。

歯ぎしりの自覚のある方は、一度歯科医で相談されることを

お勧めいたします。

 

ただし、先に電話で「歯ぎしり用にマウスピースが作れますか?」と

きいてから歯医者を選んだ方が良いと思います。



関連記事

歯が抜けて大切さを実感した

奥歯の抜歯後の痛みが全くなかったのは?

奥歯の抜歯の後の痛みが全くなかったのは?




こんにちは、かなです。

 

先日、とうとう奥歯を抜きました。

タイトルにも書いた通り、1ミリほどの痛みも感じませんでした。

他にも病気はあるし、日頃は疲労感を毎日感じるなど体調が良いとは言えません。

 

素人なりに痛みが出なかったわけを考えてみました。

 

 

1番大きい要因は技術の高さ

 

抜歯をする為に麻酔をかけますね。

私がまず驚いたのは、町のクリニックなのに「麻酔専門の医師」がいることでした。

 

当日初めてお会いした時に「麻酔医師の〇〇です」と笑顔で挨拶してくれました。

まるで、友達に挨拶するように。でも、馴れ馴れしい訳ではなく。

ここのスタッフ患者対応の良さはとても素晴らしいもので、

この挨拶一つで患者の不安を取り除いてしまうほどです。

 

私も、とてもリラックスした気持ちで抜歯を受けることが出来ました。

 

次に、あのガツンと来る麻酔をされるのかと思ったら、

その前に麻酔液をぬってくれました。

「麻酔を打っても痛くないように、ぬりましょうね」と

優しく声をかけながら。

 

その後で、本麻酔をされたのですが、針が刺さる感じすらわかりません。

全く痛みを感じないうちに、麻酔が終わってしまいました。

 

そして、麻酔が効いてくるまでの間にいつも通りに

優しくて、とても話しやすい歯科衛生士さんが歯石取りをしてくれたので、

待っている時間がありませんでした。

 

医師が来て、いよいよ抜歯です。

簡単に素早い説明を受けて、すぐに抜歯に取り掛かりました。

口の中で何かをしているのはわかりますが、痛みは全くありません。

 

抜歯も無事終わり、歯を見せてもらうと、

歯の原型はとどめておらず、二つに割れていました。

神経も死んでいたので、相当ひどい虫歯になっていたことがわかりました。

 

医師は最初に撮ったCTで抜いてしまわないと、

根っこから他の歯に虫歯がうつることを危惧して、抜歯の方針を立てたのだと思います。

 

歯科クリニックでCTを持っているというのは、技術を見る上での一つの

指標になると思います。



患者の痛みを考えるクリ二ックだから

 

抜歯後の痛み止めの話が出た時に

「最近、手首が痛くてロキソニンを飲んでいるので、

ロキソニンでは聞かないかもしれません。」と伝えました。

 

すぐにスタッフ間でやり取りがされて、一番強いボルタレンを

出してもらえることになり、とても安心しました。

ボルタレンなら、相当の痛みにも対応できると思っていたからです。

 

個人病院(クリニック)だと医師の考え一つで治療方針が決定され、

別のクリニックなら、「ロキソニンしか出せない」と

言われた可能性は充分に考えられます。



コラーゲン製抜歯創用補填材を使ったから

 

これは保険適用外で、自費で7000円ほどかかりました。

今回使った製品名は「テルプラグ」と言います。

もし、あなたが抜歯する時に痛みが苦手でしたら、医師に聞いてみてはいかがでしょうか?

どんな働きをするかというと、抜歯スペースに充填して、

止血、疼痛緩和など傷口を保護し、歯茎の肉芽の形成を促す材料です。

 

また、充填するだけで取り出す必要はありません。

抜歯後の痛みが無かったのは、これを使った効果も大きいように思います。

 

その他の理由として

 

個人的に痛みに強いのもあるかもしれません。

 

出産は帝王切開でしたが、同じように帝王切開した人が痛みを訴えているにも

関わらず、私は痛みはほとんど無く、翌日から我が子に会いに行くことが出来ました。

 

その他、乳がんで乳房を全摘する手術の後も痛みはそれほどありませんでした。

 

良い歯医者を選びましょう

 

転居する前の地域にあった歯科医の間でも、技術の差を感じて

自分としては良い方に通っていたつもりでした。

 

神奈川県に来て、この歯科クリニックに行かなかったら、

歯を噛み締めてしまう癖や全く自覚の無い歯ぎしりで

歯がすり減っていることもわからずにいました。

 

本当に良い歯科クリニックに出会えたと思っています。

あなたも是非良い病院やクリニックを探してくださいね。

 

この記事のも書きましたが、医師の腕だけで判断するのは

難しいと思いますので、歯科衛生士さんや事務の方の対応が

どうかも判断材料の一つになってくると思います。

 

わからないことは聞いてみて、それに誠実に答えてくれたら、

ほぼ間違いはないと思います。

 

 




関連記事

歯が抜けて大切さを実感した

マウスピース  歯ぎしり用 値段は歯医者でいくら?

 

歯が抜けて大切さを実感した




こんにちは、かなです。

 

 

今日から新年号の令和になりましたね。

心新たに頑張っていこうと思いますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

私の実体験の話

半年ほど前に転居をしたのですが、引越しギリギリまで

歯の治療をしていました。

 

歯周病を予防しようと歯磨きをするのですが、

右上と左下の歯ぐきが繰り返し腫れていたのです。

 

 

しかし、引越しが急だったので、最後の1本の治療は

手付かずで終わってしまいました。

 

歯科医によると、

「歯の根っこの中が膿んでいるから、切開をして

綺麗にしてから、歯の元になる物を埋めておくと、

2〜3年で歯に生まれ変わるから。」との事。

 

引っ越しの疲れや生活に慣れないことから、

歯のことは後回しになっていました。

 

 

すると、食事中に口の中で嫌な予感。

左下の歯が、折れてしまいました。

 

さすがにまずいと思い、勧められた歯医者に予約。

「予約がなかなか取れないよ」と言われていたのですが、

なんと1ヶ月待ち。

 

ようやく初めての診察。

早速、レントゲンを撮ることに。

ここまでは、今までと同じなので余裕でしたが。

 

なんとその後のオーダーがCT。

歯のCTなんて初めてと驚きながらも、興味津々。

 

CTだとレントゲンでは見えない所がバッチリ見えます。

歯の根っこは膿んでいるだけではなく、

すでに歯そのものがなくなっている状態。

 

歯は白く映るので、歯がない所は黒く見えます。

治療した歯も、根っこがありませんでした。

 

原因はストレスの可能性が大きいとの事。

歯のすり減りについても初めて指摘されました。

 

起きているときに歯をくいしばることも多いのは自覚していましたが、

歯ぎしりもしているらしく、マウスピースも作りましょうと言われました。

 

 

 

私自身の歯の治療の原点(?)は、大学受験にさかのぼります。

勉強をしながら、砂糖入りのコーヒーを飲んでいたんですね。

そのせいで、小さな虫歯がたくさんできてしまいました。

 

もちろん、その虫歯は治療しましたし、

その後新たに虫歯にはならなかったけれど、

 

治療した詰め物の隙間から、虫歯が広がり、

数十年の間に歯を1本失っています。

 

そこは両方に歯があるので、ブリッジをしてもらって

確か1年半ほど前に、新しいブリッジに直していたのに、

CTを持っているだけの腕はあり、そのブリッジも

はずれかけているのを発見されてしまいました。

 

やはり、過疎地の歯医者とは差があると

がっかりしながらも、感心していました。

 

結局、2ヶ月先に歯を2本抜くことになり、

「歯が痛んだら、来てね。」と言われながらも、

特に痛みはなく過ごしていた所、

 

ある日、右奥の歯に違和感が・・・

「おかしいなあ」と思いながら、食事をしていると

やたらと大きい物が・・・ブリッジでした。

 

そう、ブリッジが外れてしまったのです。

そして、現在、左下の歯が1本折れて空いたまま。

 

さらにブリッジが外れたことにより、

右下の歯が1本ない状態です。

つまり、左右に空洞ができてしまっています。

Sponsored Links



 

歯が抜けるとどうなるか?

 

1番大変なのは、食事です。

柔らかい物は大丈夫なのですが、

キャベツの塩もみを食べてみました。

 

前歯はあるので、噛めるのですが、

すりつぶすことが出来ません。

 

キャベツの葉も左右の抜けた歯の空洞に入り込み、

食事を味わうことが出来なかったです。

 

いつもなら柔らかいと感じる春キャベツも

細かくすることが出来ないので、

歯ぐきに直接当たってしまい、嫌な感じ。

 

もう一品が魚を柔らかく煮た物だったので、

こちらは美味しく食べることが出来ました。

 

それまで、献立を工夫するしかなさそうです。

柔らかいうどんやじゃがいもや人参の煮た物などを食べてみたところ、

違和感はなし。

その他、トーストしないままの食パンやゼリーは大丈夫です。

 

硬めのものが、歯ぐきにあたると不快になるので、

柔らかい物が食べたくなります。

 

 

食欲が落ちて、少し痩せられるかな?

 

 

現在、10連休のゴールデンウィーク。

7日を待って、歯科医に連絡するしかありません。

 

2番目に辛いのは私特有かもしれませんが、

ブリッジが取れ、削ってある歯に舌が当たって痛みます。

 

ここ数年、舌がとても敏感になっていて、

何をしなくても痛むときもあるし、

味の濃いものを食べると、痛みしか感じません。

 

先日、内科でビタミン剤を処方してもらったら、

だいぶ調子が良かったのですが、

薬が無くなったら、痛みが復活。

 

歯を失うということがどういうことになるのか、

今回身を以て体験しています。

 

 

歯を失う原因は歯周病だけじゃない

 

最近、歯周病についてはかなり情報があり、

大変危険なものであるという事が浸透してきたと思います。

 

歯を失う原因も歯周病だという認識も多くの人が持っているはず。

でも、私のように虫歯で歯を失う割合も多いとの事。

 

とにかく、一度虫歯になってしまうと、

段々と悪化していくという話は最近聞くようになってきました。

 

だから、子供の頃から気をつけて、

虫歯にしないように注意する事がとても大事です。

 

Sponsored Links



関連記事

マウスピース  歯ぎしり用 値段は歯医者でいくら?

奥歯の抜歯後の痛みが全くなかったのは?