鶴岡八幡宮の大祓式に参列しました。




こんにちは、かなです。

 

 

 

お天気が悪くて、写真映りが良くなくてごめんなさい。

 

 

引用 鶴岡八幡宮 大祓パンフレット

 

大祓は1年に2回、6月30日と12月31日に行われます。

去年の12月の大祓に参加しようと鶴岡八幡宮に電話でお願いした所、

郵送で、パンフレットや初穂料を前もって郵便局で納める用紙、人形などが

送られてきました。

 

参加する予定はしていたのですが、行くことが出来ませんでした。

すると、6月30日の大祓の為に八幡宮から、郵送でご連絡をいただきました。

 

 

初穂料の金額は?

 

まず、初穂料を納めます。

初穂料は決まっておらず、各自で決められます。

前もって郵便局で納めても良いのですが、

私は当日納めました。

 

初穂料を納めると、大祓に使う一式を人数分いただきました。

大祓詞(おおはらへことば)が書いてある用紙と

邪気を祓う時に使う人形(ひとがた)・麻と紙を小さく切った切麻(きりぬさ)

が包まれた物、剣札をいただきました。

 

 

当日は天気も悪かったのですが、多くの人が大祓に

参列して、用意してくださったテントには

入りきれないくらいでした。

年々参列する方が増えていると説明がありました。




大祓の意味は?

 

大祓は年に2回行われます。

6月30日と12月31日で半年毎になります。

 

その半年間の自分の行いの罪と穢れ(けがれ)を祓い、綺麗な心になり

家内安全・無病息災を祈る式です。

 

 

大祓式とはどんな風に行われるの?

 

大祓というと「茅の輪のくぐり」のイメージが強くて

それだけをするものだと思っていました。

しかし、実際は違いました。

 

1、参列者全員で「大祓詞」を声を出して、読みます。

 

2、「払いたまえ 清めたまえ」と声を出しながら

いただい麻と紙を小さく切った切麻(きりぬさ)を

身体の左・右・左にまきます。

 

3、人形(ひとがた)で頭から足まで撫でていきます。

この人形(ひとがた)は神社に集められます。

 

4、そしていよい茅の輪のくぐりに移っていきます。

茅の輪のくぐりは列になりながら、3回くぐります。

 

5、最後に御神酒をいただいて、儀式が終わります。

 

大祓が行われる時間は?雨の場合は?

 

午前11時・午後1時・午後3時・午後5時と4回行われ、

受付は1時間前からになります。

 

雨天の時は鶴岡八幡宮の中にある研修道場で

執り行われます。



本人が参列できない場合は

 

前もって鶴岡八幡宮に電話で大祓に参列したいとの連絡をすると、

人形(ひとがた)などを郵送で送ってくださるので、

 

人形に指名・年齢を書き、身体を撫でて息を吹きかけ、

わが身についた罪や穢れ(けがれ)を移します。

 

その人形を「大祓」当日までに八幡宮へ郵送で届けると、

八幡様が人形を遠く海原へ祓い流してくださいます。

 

人形の他、車形も同様です。

 

鶴岡八幡宮の連絡は

TEL  0467−22−0315

ホームページは

http://www.hachimangu.or.jp

 

八幡宮の蓮が綺麗でした。

以前は赤い花もあったそうなのですが、

今は白一色になっています。

(源平になぞられて、紅白を植えられたそうですが)

 

 

神事に参加すると、気持ちも清らかになります。

今年は12月にも行われるので、ぜひ参列してみてください。




関連記事

鎌倉の桜の名所 鶴岡八幡宮 鎌倉駅から道案内

 

 

 

建長寺の見どころ 桜だけじゃない多くの国宝




こんにちは、かなです。

 

 

北鎌倉駅から江ノ電バスで5分で建長寺に着きます。

鎌倉方面へ向かって歩いても15分の距離なので、歩いて建長寺へ行きました。

 

 

 

 

北鎌倉駅の改札ですね。

TVのロケでも使われていましたね。

 

 

 

鳩サブレー

 

改札から出ると、すぐ右手に「鳩サブレー」で

有名なお土産やさんがあります。

 

鳩サブレーの鳩は鶴岡八幡宮の神の使いの象徴と

なっており、そこからこの「鳩サブレー」が

作られたそうです。

 

 

 

北鎌倉駅の改札から左へ進みます。

何となく不自然に植えられた木々を左手に

進んでいきます。

 

 

 

 

すぐに踏切が見えて、円覚寺への階段もあります。

今日はこちらを通り過ぎます。

 

 

 

また、すぐに駐車場の看板が目立つ建物があります。

こちらは公衆トイレとなっています。

建長寺までは15分はかかるので、寄られて行くと良いと思います。

 

 

正面から、見た所です。

 

 

 

北鎌倉駅から5分程の所の道の反対側に

縁切り寺で有名な東慶寺があります。

 

 

庭はそれほど広くはありませんが、詩季織々の花が見られます。

奥のお墓の方に入って行くと静寂に包まれて、心が清らかになるような

気持ちになります。

 

 

 

割烹料理の「茶飯事」

私はまだ食べたことはありませんが、

なかなか美味しいそうです。

 

食べログによる紹介はこちら

 

 

鉢の木

こちらは精進料理が有名です。

ランチでも予約ができて、予約をすると

11時からお食事ができるとのことです。

鉢の木のホームページはこちら

 

 

第三鎌倉踏切を渡ります。

 

「甘露や」というので、甘味処と思いきやCafeです。

鎌倉にはこういう風なお店が多いですね。

 

 

去来庵(きょらいあん)

ビーフシチューが絶品な、洋食屋さんです。

去来庵のお店の紹介はこちら

 

お煎餅屋さん

 

焼きたてのおせんべいを割って、好みの味につけてくれます。

 

 

10度づけ・・・私には無理そうです。

 

 

この写真の右上に「出川さんも食べた」とのポップが・・・

 

おせんべいに「お誕生日 おめでとう」と書いてある、

お誕生日ケーキならぬお誕生せんべい?

 

 

 

 

 

道の反対側にあるお店には、アンティークなコーヒーカップが

たくさんあります。

 

そろそろ、建長寺に着きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

建長寺も10時過ぎになると、マイクロバスが着き人も多くなります。

桜の時期は9時には着きたいですね。

 

Sponsored Links



 

建長寺へ行く方はお花見の方も多いと思いますが、

建長寺って本当にすごいお寺なんです。

 

ですから、お花見の前にぜひ、建長寺のことを

知ってから、行かれると良いと思います。

 

桜や紫陽花も美しいですが、

国の重要文化財がたくさんあります。

 

花見だけではなく、建物などもじっくりと

見てきてくださいね。

 

 

建長寺とは

北条時頼が執権となっていた頃、勢力争いが激しくなっており、

世の中が落ち着かない時代でした。

 

そこで、北条時頼は善によって国を盛り上げようと

1253年(建長5年)に建長寺を建立しました。

 

そして、中国の禅僧である蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)に

お願いをして、建長寺に招きました。

 

建長寺は蘭渓道隆が開いた、日本で最初の善の大道場です。

 

蘭渓道隆は中国宋時代の純粋で厳しい禅をそのまま取り入れ、

建長寺を天下の禅林(全集の寺院)として、多くの僧を集め、

 

一時は千人を超える修行僧を指導しました。

蘭渓道隆はその後、京都の建仁寺、甲斐の東光寺などにも

移り、1278年再び建長寺へ戻り66歳で亡くなりました。

 

後宇多天皇より、大覚禅師という禅師号を賜りました。

しかも、日本で初めての禅師号です。

*禅師号とは中国・日本において高徳な層に与えられる名称のこと

 

なお、「建長汁」は建長寺発祥の料理です。

 

北条時頼は建長寺を建立し、善の教えに全身全霊で信じ、

拠り所にしました。時の権力者として経済的にも建長寺を支え、

全国的に禅宗を広め、自らも出家しました。

 

 

 

 

創建当時は中国宋時代の禅僧寺院を手本にして、

総門・三門・仏殿・法堂(はっとう=講堂)・

 

方丈(本堂,客殿,住職居室を兼ねるもの)が

直線にならび、左右に大禅門・大食堂がありました。

 

その後14〜15世紀の数度の火災により、

その多くが消失してしまいました。

 

江戸時代に入り、沢庵和尚の進言、徳川幕府の援助によって

再建復興し、平成23年に唐門の修復を終えて、今の姿となりました。

 

総門

 

巨福門とも呼ばれ、額の「巨福山」(こふくさん)」という字は

「大きな福をもたらす寺」という意味で、中国僧で建長寺第十世である

一山一寧禅師(いっさんいちねいぜんじ)が書いたものです。

 

*一山一寧禅師とは

中国台州出身の臨済宗の僧。

元 (げん) の使者として来日し、鎌倉幕府に疑われて幽閉されたこともあったが、

のち、建長寺・円覚寺・南禅寺に歴住。書でも有名である。

 

 

 

総門をくぐり拝観料を納めます。

拝観料は、大人500円、小・中学生200円です。

 

拝観時間は8:30~16:30です。

 

 

御朱印

左手に御朱印帳を預けて、番号札をもらいます。

帰りに初穂料300円を納めて御朱印帳をいただきます。

 

境内の案内図

引用 https://www.kenchoji.com/

 

三門への参道の両側から、桜の枝が屋根のように伸びています。

この日は桜の開花予想の1ヶ月前でしたのでつぼみはまだこんな感じ。

 

 

でも、桜が咲くとこんなに美しくなります。

開花が楽しみですね。

 

引用 https://www.megane18.com/entry/kamakura-kentyouji-midokoro-

 

紫陽花の芽が出ていました。

紫陽花も何本も植えられており、アジサイの季節も楽しめると思います。

 

Sponsored Links



 

三門(さんもん)(国重要文化財)

 

 

 

 

三解脱門の略を言います。

* 三解脱門とは迷いの世界を三種の禅定によって脱け出すこと。

この門をくぐることによってあらゆる執着心から解き放たれることを意味します。

 

創建者である蘭溪道隆(らんけいどうりゅう)の言葉に、

「建長寺は、禅をまなぶすべての人に開け放たれている。

この境内には人を差別しない清風が、いつも吹いている」とあり、

 

建長寺はあらゆる人々、修行者(しゅぎょうじゃ)に

門を開放している事を表しています。

 

楼上(門の上部)には、釈迦如来(しゃかにょらい)・十六羅漢(じゅうろくらかん)

・五百羅漢(ごひゃくらかん=修行を完成された人)を安置しています。

 

この門は1775年に万拙硯誼(ばんせつせきぎ)和尚などの努力によって再建されました。

創建当初は三門後方左右に大坐禅堂(だいざぜんどう)、

大食堂(だいじきどう=話をしたり、音をたててはいけない食堂)がありました。

 

 

仏殿(重要文化財)

 

法要を行うお堂です。

徳川二代将軍秀忠の正室、江が亡くなった際に葬送の前,

遺骸をしばらく安置しておいた霊屋を東京の増上寺より移築したものです。

 

建長寺の柏槇(びゃくしん)(かながわの名木百選鎌倉市指定保存樹木)

和名はイブキという。ヒノキ科に属する。

蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)が中国から持ってきた種子を

建長寺創建の際にまいたと言われている。

生育状況も勢いがあり、県下の代表的な名木として知られている。

樹高 13メートル
胸高周囲 6.5メートル
樹齢 約760年(推定)

イブキはビャクシンとも言い、東北南部から九州の海岸に生える常緑高木で、

社寺や庭園によく植えられ、禅寺を象徴する樹木です。

何度もの火災から逃れて、生き残った木です。

 

下から見上げると、幹も太く枝が広がり上までは見通せません。

 

梵鐘(国宝 重さは2.7トン)

この鐘は、北条時頼の願いから広く施主を募り、

蘭渓道隆の銘文、関東鋳物師の筆頭・物部重光によって

鋳造されました。

 

 

 

法堂(はっとう)(重要文化財)

 

 

 

昔は建長寺全体が修行道場であり、敷地にいる僧侶全員がこの法堂に集まって、

住職の説法を聞きました。

 

現在は法要・講演・展覧会などに使われています。

この建物は1814年に建長寺派の寺院により再建されたものです。

 

 

関東最大の法堂で、現在は千手観音(=迷いの中から救い悟りを得るために偉大な働きを持つ観音)を

本尊としています。

 

写真の奥に見えるのが、千手観音です。

 

天井の雲龍図(うんりゅうず=龍が描かれた絵)は建長寺の創建750年を記念して、

小泉淳作(こいずみじゅんさく)画伯によって描かれました。

建長寺創建750年記念事業の一環として法堂(はっとう)に描かれた『雲龍図』は2000年の完成。

小泉淳作画76歳の時です。

 

建長寺から依頼があったのは1996年ですので、構想から下図、完成まで4年の歳月をかけて

縦10m × 横12m、つまり畳約80畳分のスペースに書き上げた大仕事です。

 

禅寺の法堂の天井には龍の絵を掲げる事が慣わしのようになっていて、

天井に書かれた龍は、雷雲を呼び雨を降らせるが如く仏法の教えを修行僧に降り注ぐといいます。

 

 

法堂の出口に可愛らしいフクロウを見つけました。

 

方丈(龍王殿)

 

方丈とは昔は住持(じゅうじ=住職)が居住する場所でした。

現在は法要・坐禅・研修の場所として使われています。

私が訪れた時には「親と子の土曜朗読会 毎週午前10〜11時)」が行われていました。

この建物も、総門と同じく京都の般舟三昧院(はんじゅざんまいいん)

より1940年に移築されました。

1732年に建てられ、元は皇室のお位牌を安置するためのものでした。

 

この中も見学ができます。

 

 

庭園(国史跡)

方丈の背後に庭園があります。

蘭渓道隆が造った庭です。

寺院の池は普通、寺の前にありますが、建長寺では

一番奥に位置しています。

 

池の周りには得月楼・大客殿・方丈があり、

檀那や貴賓の応接に使われました。

 

 

 

唐門(重要文化財)

 

 

 

方丈の正門で、上の写真が外から撮ったもので、

下の写真は方丈の中から撮ってものです。

 

神々しく輝いていました。

漆塗りの四脚門(よつあしもん=4つの脚がある門)です。

 

1628年、東京・芝・増上寺で徳川二代将軍秀忠の正室、小江の方の

霊屋(おたまや=墓のお堂)の門として建てられました。

その後、1647年、仏殿・西来門(せいらんもん)と共に建長寺に寄附され、

方丈(龍王殿)の正門として使用されています。

 

その他、見てきたもの

 

方丈の奥には小さな山があり、紅葉も美しいそうです。

 

 

 

 

ずいぶん高いしだれ桜です。

花が咲いたら、さぞかし綺麗でしょうね。

 

オカメザクラの蕾は色がつき始めていました。

ソメイヨシノより早く咲きそうですね。

 

梅の時期も終わり頃でしたが、まだ綺麗に咲いている木が残っていました。

 

このような塚も随所に見られます。

 

 

 

おびんずるさま

 

「自分の体の悪いところを、おびんずるさまの体を

こすると治ります。」と書いてあったので、頭を

こすってきました。

 

こんな立て札もあり、私は初めてこのことを知りました。

 

まとめ

花見の下見として訪れた建長寺でしたが、日本で初めての禅宗の寺であり、

多くの僧の修行の場であったこと。

何度もの火災でほぼ焼き尽くされても、その後の再建にも力が入れられているのが

文化財の多さなどで建長寺がどれほど大切にされているのかが

よくわかりました。

 

お花見で訪れた際は、桜だけでなく、建長寺の中を

全部見てきて欲しいと思います。

Sponsored Links



北鎌倉駅から建長寺まで 写真でご案内

こんにちは、かなです。

 

 

北鎌倉駅から建長寺まで歩いてみたので、

建長寺へ行く方はご参考にしてください。

 

 

北鎌倉駅の改札ですね。

TVのロケでも使われていましたね。

 

 

改札から出ると、すぐ右手に「鳩サブレー」で

有名なお土産やさんがあります。

 

鳩サブレーの鳩は鶴岡八幡宮の神の使いの象徴と

なっており、そこからこの「鳩サブレー」が

作られたそうです。

 

 

 

北鎌倉駅の改札から左へ進みます。

何となく不自然に植えられた木々を左手に

進んでいきます。

 

 

 

 

すぐに踏切が見えて、円覚寺への階段もあります。

今日はこちらを通り過ぎます。

 

 

 

また、すぐに駐車場の看板が目立つ建物があります。

こちらは公衆トイレとなっています。

建長寺までは15分はかかるので、寄られて行くと良いと思います。

 

 

正面から、見た所です。

 

 

 

北鎌倉駅から5分程の所の道の反対側に

縁切り寺で有名な東慶寺があります。

 

 

庭はそれほど広くはありませんが、詩季織々の花が見られます。

奥のお墓の方に入って行くと静寂に包まれて、心が清らかになるような

気持ちになります。

 

 

 

割烹料理の「茶飯事」です。

私はまだ食べたことはありませんが、

なかなか美味しいそうです。

 

食べログによる紹介はこちら

 

 

こちらは精進料理が有名ですね。

ランチでも予約ができて、予約をすると

11時からお食事ができるとのことです。

鉢の木のホームページはこちら

 

 

第三鎌倉踏切を渡ります。

Sponsored Links




 

「甘露や」というので、甘味処と思いきやCafeです。

鎌倉にはこういう風なお店が多いですね。

 

 

 

ビーフシチューが絶品な去来庵(きょらいあん)、洋食屋さんです。

去来庵のお店の紹介はこちら

 

 

焼きたてのおせんべいを割って、好みの味につけてくれます。

 

 

10度づけ・・・私には無理そうです。

 

 

この写真の右上に「出川さんも食べた」とのポップが・・・

 

おせんべいに「お誕生日 おめでとう」と書いてある、

お誕生日ケーキならぬお誕生せんべい?

 

 

 

 

 

道の反対側にあるお店には、アンティークなコーヒーカップが

たくさんあります。

 

そろそろ、建長寺に着きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

建長寺も10時過ぎになると、マイクロバスが着き人も多くなります。

桜の時期は9時には着きたいですね。

 

Sponsored Links



鎌倉の桜の名所 鶴岡八幡宮 鎌倉駅から道案内

Sponsored Links



こんにちは、かなです。

 

 

日本気象協会の桜開花予想で、横浜が3月24日と発表されました。

鶴岡八幡宮でも3月いっぱいが見頃になると思います。

 

おすすめは午前中の早い時間帯です。

混雑が予想されますので、ゆっくりしてると、

花見に来たのか、人を見に来たのかわからなくなってしまいますから。

 

 

 

引用 https://www.travel.co.jp/guide/article/25984/

 

 

鶴岡八幡宮の行き方

 

〒248-8588
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
TEL 0467-22-0315 FAX 0467-22-4667
<アクセス>
「JR鎌倉駅」東口から徒歩10分
「江ノ電鎌倉駅」から徒歩10分
「横浜横須賀道路・朝比奈I.C.」から5km

土日・祝日は大変混みますので、JRでお越しの方は鎌倉行きの

一番後ろの車両に乗ると、改札が近くなります。

 

東口を出て、バスターミナル沿いに左に進み、マクドナルドの先を

曲がると小町通りに入ってしまいます。

この下の細い道が小町通りです。

鶴岡八幡宮へ向かうには、鎌倉駅入口やニノ鳥居前の信号機がある

広い通り(若宮大路)に出ましょう。

 

引用 https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_2616/

二の鳥居が見えてきました。

 

 

次に段葛(だんかずら)があります。

引用 https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_2616/

段葛は源頼朝が妻・北条政子の安産を願い、

由比ヶ浜から鶴岡八幡宮に真っ直ぐになるように整備されたものです。

 

その為、参拝の際は頼朝の政子への思いをくんで、

この参道を通り、鶴岡八幡宮へ向かいましょう。

境内入口となる「三ノ鳥居」に近づくとだんだんに道幅は狭まり、

土手も低くなるという遠近法が用いられ、

実際の距離より長く見えるようになっています。

 

引用 https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_2616/

 

これが三の鳥居で、鶴岡八幡宮の入り口となります。

 

鶴岡八幡宮へ到着

 

引用 https://www.hachimangu.or.jp/

こちらが鶴岡八幡宮の境内の案内図になります。

地図を見ると、下の真ん中に段葛がありますので、

現在地もわかりやすいと思います。

 

 

 

鶴岡八幡宮でも、桜の見どころと言えば入り口すぐの源平池ですね。

引用 https://www.rurubu.com/season/spring/sakura/detail.aspx?SozaiNo=140010

 

源平池は北条政子が頼朝の必勝を祈願して造らせたと言われています。

 

「産」=繁栄の願いを込めて、三つの島を浮かべた源氏池

「死」=衰退を象徴する四つの島が浮かぶ平家池

 

今なお、源平時代を思い出させるように向き合っています。

 

引用 https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_2616/

 

手水舎でお清めを

 

本宮に向かって、参道がまっすぐに伸びています。

少し歩くと左手に手水舎(てみずしゃ)がありますので、

手と口を清めてから、お参りしましょう。

引用 https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_2616/

 

 

 

引用 https://wondertrip.jp/domestic/yokohama/102424.html

 

 

 

引用 https://wondertrip.jp/domestic/yokohama/102424.html

 

 

 

本宮に向かう参道の中心に舞殿が見えてきました。

 

舞殿は静御前が、源義経を慕って舞を披露したといわれる若宮廻廊の後に建てられています。

そして舞殿は神事や結婚式が行われる場所です。

 

大石段を登ると本殿に着きます。

 

引用 https://wondertrip.jp/domestic/yokohama/102424.html

 

 

朱塗りの壮麗な建物は、1828年徳川幕府第11代将軍 家斉によって​再建​されました。

社殿が廻廊に囲まれるように作られており、中には本殿・幣殿・拝殿と並んでいます。

 

引用 https://wondertrip.jp/domestic/yokohama/102424.html

 

楼門の上に掲げられた文字をよく見てください。

八幡宮の「八」が鳩で表されています。

鳩は神様の使いであることを現しているのです。

 

鎌倉土産の「鳩サブレー」は鶴岡八幡宮の鳩をモチーフにした物です。

 

鶴岡八幡宮での参拝

 

*拝礼の作法

1、姿勢を正す

2、二拝(深いおじぎ)

3、二拍手

4、一拝

 

参拝が終わりましたら、鳩みくじ、それとも休憩にしますか?

 

休憩所について

鶴岡八幡宮の境内の中には無料休憩所が3ヶ所あります。

(柳原・御谷・源氏池)

休憩所には男女共にトイレが完備されています。

境内案内図を見て、一番近くへどうぞ。

 

それぞれ、自慢の軽食やお茶の用意がありますので、

まったりしてくださいね。

 

一休みしたら、後回しにしていた「お花見」。

桜を存分に味わってください。

 

御朱印について

最近密かにブームになってきている御朱印。

文房具屋さん、本屋さんでも綺麗な御朱印帳が売られていますよね。

 

鶴岡八幡宮では2種類のご朱印があります。

 

1、鶴岡八幡宮のご朱印

本殿へと続く石段の下に授与所があります。

初穂料は500円です。

 

2、鎌倉七福神のご朱印

入り口から向かって右側の源氏池。橋を渡った小さな島に

「旗上弁財天社(はたあげべんざいてんしゃ)」があります。

弁財天は、学問、芸術、財福などを司る神さまといわれています。

この旗上弁財天社は、「鎌倉・江の島七福神巡り」の1つとなっています。

初穂料は300円です。

 

鶴岡八幡宮の中には様々ないわれのある物や

道場、幼稚園まであります。

 

駐車場について

9:00~19:30     1時間まで600円 以降30分毎300円

普通車 40台

 

このように、駐車場は台数が限られていますし、

安くはありません。

ただ、この近辺なら、観光地の相場になっています。

 

ゆっくりと楽しみたいのでしたら、公共交通機関を

おすすめします。

 

Sponsored Links