インスタントコーヒーを最後まで美味しく飲むコロンブスの卵的発想




こんにちは、かなです。

 

私はコーヒーが好きなのですが、ドリップで淹れたコーヒーは

せいぜい2杯が限度なので、普段はインスタントコーヒーを飲んでいます。

 

飲み慣れているせいか、他の物に浮気せずにずっとこれできています。

 

 

20g増量だったので、迷わず買いました。

 

まず、紙のふたの開け方ですが、下の写真のように開けます。

 

 

一つは2㎝幅くらい、もう一つは小さめに1㎝幅くらいに開けます。

小さい穴は空気穴です。

Sponsored Links




 

 

そして、それぞれの開け口の紙をビンに入らないように、上に向けて折ります。

この時、スプーンの細い持ち手などを使うと上手くできます。

今回は、計量スプーンの持ち手を使ってみたら、とても綺麗にできました。

 

 

100均で買ってきたビンです。

 

 

2つ並べた所です。

 

 

ネスカフェのビンから小さいビンに移します。

この時、ネスカフェの穴、特に小さい方の穴が大きいと、

ビンを斜めにした時に上からこぼれてしまうので、

空気穴は小さめが良いです。

 

このように小さいビンに移すときだけしか、

ネスカフェのふたは開けないので、

最後まで香りも残ったまま、美味しく飲むことが出来ます。

 

我が家では、コーヒーを飲むのは私一人ですが、

この大きいネスカフェでも、この方法を使えば、

ネスカフェのビンのふたを開けるたびに

開けたての香りが続きます。

 

Sponsored Links



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください