かぼちゃの種が気持ちよく取れる方法




こんにちは、かなです。

 

今日はかぼちゃの種を簡単に、しかもキレイに

取る方法をお伝えします。

 

スプーンで取っている方はいらっしゃるけれど、

私が使うのはこれ

 

計量スプーンの大さじ(15cc)です。

 

 

カット売りのかぼちゃに計量スプーンで種とわたを

削り取っていきます。

 

 

こんな風に端から計量スプーンを入れていきます。

なぜ、計量スプーンかというと、計量スプーンは

薄くて、切れ味が良いからなんです。

 

一気に左端まで取ってしまいます。

 

 

 

次に、反対側から計量スプーンを入れます。

計量スプーンで身の部分から種とわたの部分が

綺麗にはがされているのがわかると思います。

 

 

こちらも一気にスプーンを入れて、

種とわたを取ってしまいましょう。

 

 

はい。種とわたが綺麗に取れました。

 




 

 

 

計量スプーンは大・中・小の3本が

セットになっています。

 

100均で3本セットで売っています。

 

計量スプーンの中(10cc)は

ゴーヤの種とわたを取るのに、

ぴったりのサイズです。

 

計量スプーンの小は、実は

生姜の皮をこそげとるのが上手です。

 

近頃、野菜の根菜類も皮と身の間に

栄養があるので、

皮ごと食べましょうと言われてますよね?

 

生姜の皮も包丁でしっかり向いてしまうと

いけないんですって。

そこで、計量スプーンの小を使って、

皮はこそいで(うすーく取る感じ)

使ってくださいね。

 

かぼちゃの種取から、ゴーヤ、生姜まで

紹介してきました。

 

厚みのあるスプーンより

薄い計量スプーンの方が切れ味が

するどいですよ。

 

鋭くするために、包丁は研ぐにですから。

どうぞ、一度試してみてください。

 




 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください