服のシミの取り方の驚くほど簡単な方法を種類別に紹介します

家事の工夫

洋服にシミをつけてしまうと、ショックを受けますよね?

でも、これさえ知っていれば大丈夫。

シミをつけても慌てないように、

服の下の取り方の驚くほど簡単な方法を

シミの種類別に紹介します。

服のシミの取り方<コーヒーの場合>

コーヒーをこぼした時

まず布でコーヒーを叩いて吹きます。

その後にコーヒーのしみに多めに重曹をかけます。

そして洗濯をします。

洗濯すると、すっかりシミが取れました。


スポンサーリンク

服のシミの取り方<オイルの場合>

服にオイルのシミをつけた時は

シミ全体に白いチョークを使います。

シミ全体にチョークを塗り込みましょう。

そして、洗濯するとほら!こんなにきれいに染みが取れます。


スポンサーリンク

服のシミの取り方<ケチャップの場合>

ケチャップを洋服に付けた時

まず、ケチャップを布で拭き取ります。

そして、今回使うのは髭剃り用のシェービングクリームです。

シェービングクリームがシミにまんべんなく

行き渡るように歯ブラシで鳴らします。

そして洗濯します。

本当にケチャップをつけたの?って思うくらいに

きれいになりました。


スポンサーリンク

服のシミの取り方<ジュースの場合>

ジュースのしみにはお酢をかけます。

 

ジュースのシミの周りまでお酢が囲むように、

かけてくださいね。

そして、洗濯すると、

本当にきれいになりました。

服のシミの取り方<泥汚れの場合>

泥の汚れには文房具の液体のりを使います。

 

アラビックのりのように直接濡れる液体のりが便利です。

写真のように、直接泥に塗っていきましょう。

そして洗濯します。すると、

泥汚れも、全くなくなりました。

服のシミの取り方<口紅の場合>

こんな口紅のシミがついたら、さあ大変!

奥様にバレないうちに落としましょうね。

口紅のしみには洗顔フォームを使います。

歯ブラシで洗顔フォームをよくなじませて洗濯します。

ほら、口紅のシミなんてまるで無かったかのように

きれいになりました。

まとめ

色々な種類に応じたシミの取り方を紹介しました。

もう一度まとめてみると、

コーヒーには重曹、オイルには白いチョーク、

ケチャップにはシェービングクリーム、

ジュースにはお酢、泥汚れには文房具の液体のり、

口紅には洗顔フォームでとても簡単にきれいにシミが

取れることがわかりました。

 

チョークなど家にないものもありますね。

いざという時に、まとめておいてラベルを貼っておくと、

とても便利だと思います。

 

ちなみに、シミの落とし方を知らずに、

クリーニング家さんに染み抜きをお願いすると、

1000円近くかかることがあります。

 

1000円あれば、紹介したシミの取り方に使うグッズが

そろえられますね。

 

 


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました