オーガニックコットン 無印良品ではどんなもの?

こんにちは、かなです。

 

私も大好きな無印良品。

Tシャツやボーダーのトップスは必ず無印で買っています。

それなのに、Tシャツにオーガニックコットンが使われていたのを

知らなかったのです。

 

そこで、今日は無印良品がオーガニックに寄せる思いや

どんな製品があるのかをみていきたいと思います。

 

2010年5月5日

 

今から9年も前に無印では、オーガニックコットンと向き合うことを宣言していました。

綿花の栽培に大量に使われる農薬・化学肥料により、

働く人への悪影響が出ています。

 

こうした農薬を、生産者が素手で触ったり、素足で踏んだり、

また散布時には直接皮膚に触れたりしているのです。

その結果、ひどい皮膚病になったり、たくさんの奇形児が産まれたり

という事態が生じました。

 

生産者のみならず、大地にしみ込んだ農薬は地下水を汚染し、周囲の生活者へも影響していきます。

農薬を使っても使わなくても、できた製品には、科学的に分析できるほどの大きな違いはありません。

でも、綿を育て収穫する人のボロボロになった手を見ると、こうした生産体制に疑問を持たざるを得ません。

引用元 https://www.muji.net/lab/clothes/100505.html

 

そして、みんなが幸せになるにはどうしたら良いかを考えたのです。

 

これまで私たちは、できたモノさえ良ければ、その生産過程にまで目を向けることはありませんでした。

綿の市場も、原産国の安い労働力を使い、先進諸国が大量に安価に買い付けることで成り立ってきました。

でもこれからは、誰かの犠牲の上に成り立つような経済発展は望まれていません。

関わる人すべてが幸せに、そして豊かになっていけるように。

生産者の健康はもちろん、フェアトレードという観点からも、

生産者の暮らしを守っていくことが必要です。

また環境汚染の観点からも、自然を守り安全な土壌を取り戻していくことは、

私たち人類の未来に向けての使命でもあります。

引用元 https://www.muji.net/lab/clothes/100505.html

 

今できることから

オーガニックコットンは、手間と時間のかかる分だけ、コストとしては高い物になります。

だからといって、製品の値段があまり高くなると需要が減ってしまいます。

 

需要が減れば、生産者を守ることもできなくなってしまいます。

いいことをしているのだから高くなって当然、というわけにはいかないのが実状です。

現状、「オーガニックコットン」と表示されている商品には、

オーガニックコットンが100%使用されています。値段もかなり高いのが普通です。

 

そこで、コストと安定供給のバランスを考えて、

多くの製品に何%ずつかでもオーガニックコットンを混ぜていく、

という現実的な方法での活動も始まっています。

 

需要を確保することで、生産者と長期契約を結び、

安心して生産できる環境をつくっていこうというものです。

 

なにしろオーガニックコットンをつくるには、最低でも3年以上の時間がかかります。

まず「できること」から、一歩ずつ歩を進めていくことが求められているのでしょう。

綿を摘んだ後の加工工程も、考える必要があります。

大切に育てられたコットンだからこそ、紡績や縫製など最後までオーガニックにこだわり、

自然の風合いを生かしていきたいものです。

市場に出ている商品は、必ずしも、すべての加工工程がオーガニックであるとは限りません。

でも、関わる人たちの思いを製品に託して、ていねいに、

それぞれの綿の持ち味を最大限引き出そうと取り組む努力は、今後ますます必要になってくるでしょう。

引用元 https://www.muji.net/lab/clothes/100505.html

 

無印良品では綿花の産地の過酷な現状を知り、「できること」から

やっていこう。それがオーガニックコットン100%ではなくても・・・

 

先日、店員さんも言っていました。

「綿を使っているものはだんだんとオーガニックに切り替えていこうと

しているんです。」と。

 

無印良品にはたくさんのファンがいます。

無印の商品を求めている人がいます。

 

そうした場合にオーガニック100%だと価格が高すぎて

購入できなくなってしまうことも危惧したのでしょう。

 

無印良品のような選択の仕方もありなのだと感じました。

 

 




 

 

オーガニック100%の製品

オーガニックコットン無染色丸胴キャミソール税込1,490

 

 

オーガニックコットン無染色丸胴タンクトップ税込1,490円

 

 

オーガニックコットン無染色ナプキン2枚組税込1,490円

 

婦人のインナーウエア(ブラジャー・ショーツも)、ナプキンに

100%オーガニックコットンが使われています。

 

100%オーガニックなのに、お手頃価格に驚きました。

 

 

無染色オーガニックコットンフライス短肌着税込1,000円

 

 

無染色オーガニックコットン設結ベスト税込2.500円

 

 

オーガニックコットン混起毛フライスボーダー長袖Tシャツ(ベビー)税込990円

 

 

オーガニックコットン混サルエルパンツ(ベビー)ハイハイ期 税込1,290円

 

 

オーガニックコットン混しましま長袖ボディスーツ(ベビー)ハイハイ期 税込990円

 

 

オーガニックコットン混ストレートパンツ(ベビー)税込890円

 

こちらの記事も参考にしてください。

オーガニックコットンのベビー服ブランドベスト10

 

<こども服>

オーガニックコットンムラ糸水玉7分袖Tシャツ(キッズ)税込990円

 

 

オーガニックコットン水玉ノースリーブチュニック(キッズ)税込990円

 

 

 

オーガニックコットン混パンツ(キッズ)税込990円

 

 

 

オーガニックコットンデニムショートパンツ(キッズ)税込1,990円

 

 

 

オーガニックコットンストレッチデニムサロペットスカート(キッズ)税込3,990円

 

 

 

 

紳士インナーはオーガニックコットンのものはありませんでした。

 

オーガニックコットンが混ざっている製品

 

<婦人ウエア>

オーガニックコットンストレッチタートルネックTシャツ税込1,490円

 

 

 

オーガニックコットンクルーネック長袖Tシャツ(ボーダー)税込990円

 

 

 

オーガニックコットン裏毛ダブルZIPパーカー税込3,990円

 

 

 

<紳士ウエア>

オーガニックコットンクルーネック長袖Tシャツ税込1,490円

 

 

 

オーガニックコットン混ダブルフェイスハイネック長袖トレーナー税込2.990円

 

(製品の写真は全て無印良品ネットストア ホームページより引用)

 

 

オーガニックコットン100%もしくはオーガニックが混ざっている製品の一例を載せてみました。

色が染めてあるので、染色する為の下処理はしているはずです。

 

店員さんが言われていたのは、「オーガニックコットン100%にしてしまうと、

洗濯の問題も出てくるので、使いやすくするために」と。

 

まとめ

ベビー服から紳士服まで思った以上の製品がありました。

価格もお手頃になっていて、購入する側としても助かります。

大人のものはまだオーガニック100%の製品がなかったので、

発売したら、試してみたいと思います。

 

Tシャツは無印で買うと決めていた私。

気がつかないうちにオーガニック混のコットンを選んでいたのかも知れません。

娘が買っている低価格のブランドよりも値段が安く、

肌触り、生地のちょうど良い伸縮性、持ちの良さ・・・

これらは個人の感想ですが、質の良いものを提供していると思います。

 

贅沢を言うなら、なるべくオーガニックコットンの割合を

増やして欲しいですね。

 

こちらの記事も読まれています。

オーガニックコットンとは

オーガニックコットンが肌に優しいはウソ?

オーガニックコットンのメリット

オーガニックコットンのデメリット

オーガニックコットンのベビー服ブランドベスト10