オーガニックコットンのベビー服ブランド ベスト10

こんにちは、かなです。

オーガニックコットンについて、調べてきたので、

まずは肌の一番弱い赤ちゃんに着せたいベビー服のブランドを

紹介していきたいと思います。

 

ベビー服を扱っている日本のブランドも沢山あって、

驚きました。

 

そこのブランドの特徴を載せてみましたので、

比べてみてください。

 

 

organicgarden(オーガニックガーデン)

日本製のものづくりにこだわり、心地よさ・染色・編み立て・織り・型・縫製

各工程で納得のいくものづくりをモットーにしています。

また、色は土や植物などの自然のもを原料にして染色を行なっています。

 

 

(税込2808円)引用 http://www.organic-garden.jp/

 

 

 

 

(税込3024円)引用 http://www.organic-garden.jp/

ORGANIC GARDENの商品のお求めはこちら

 

 

 

 

PRISTINE(プリスティン)

 

てんとう虫で有名ですね。

なぜかと言うと、てんとう虫は綿花畑で害虫を食べてくれる働きをしているからなんですって。

「プリスティン」は、オーガニックコットンの「アバンティ」のオリジナルブランド。

1990年からオーガニックコットンを扱っています。

オーガニックコットンが世の中に知られていない頃から、

無農薬・有機栽培の綿を輸入して、糸から生地、生地から製品まで

一貫して企画製造販売を行なってきました。

そして、1996年に「プリスティン」が生まれました。

 

プリスティンの製品は色を染めていません。塩素系漂白剤、定着剤、蛍光増白剤、

防縮剤などを使っていません。

顔の見える安心安全なものづくりを追求して、

糸から生地、製品まで日本で作っています。

さらにできあがった製品は、原綿から最終製品まで、

いつ、どこで、だれがつくったのかがわかるように履歴を管理しています。

デザインにもこだわり、素肌にストレスを与えないようにし、

しかも家で洗えて長持ちするように工夫しています。

 

(税込2700円)引用 http://www.pristine.jp/products/list29.html

 

 

 

(税込3024円)引用 http://www.pristine.jp/products/list29.html

 

プリンスティンの商品のお求めはこちら

 

 

 

 

天衣無縫

1993年春。オーガニックコットンを原料に、日本でオーガニック製品の製造・販売をはじめました。

ブランド名のとおり、目指したのは「自然を生かした、ここちよく美しい」製品づくりです。

 

天衣無縫のものづくりは、まずオーガニック農場や紡績工場の現場に足を運び、

原料の品質を自らの目と手で確かめ、よりよい素材を選びます。

さらに、製品が店舗に並ぶまでの全ての工程に、真摯な姿勢で取り組んでいます。

■原料

素材を最大限に活かし、化学処理加工を最小限にとどめる

オーガニック製品の企画においては、特に原料の品質が重要です。

「製品の品質は、90%が原料の品質で決まる」といわれている程です。

 

天衣無縫の製品は、世界で300以上ある認証団体のなかでも、

国際的に信用の高い以下の団体が認証したオーガニックコットンを

100%使用することを原則としています。

 

・IFOAM(国際有機農業運動連盟)公認の認証機関

・ISOガイド65 の認定を受けた認証団体

 

■糸づくり

天衣無縫の主力製品は、オリジナルの糸でつくられています。

それは、原料の綿にはそれぞれに個性があり、

その特性を生かした糸づくりが最終製品の風合いをほぼ決めると言ってよいからです。

 

■染め

天衣無縫では、綿や糸や製品の染色は「できる限り自然のもので」をテーマに、

染料も媒染剤も天然由来の成分を使うことを心がけています。

 


(3800円税抜)引用 http://shop.tenimuhou.jp/

 

 


(3500円税抜)引用 http://shop.tenimuhou.jp/

ベビー服はあまり種類がたくさんありません。

 

天意無縫の商品のお求めはこちらから

 

 

 

 

PeopleTree(ピープルツリー)

 

地球に生きるすべてがフェアに暮らせる世界に・・・

家族と暮らし、つくり手たちはオーガニックコットンなどの

こだわった天然素材を用い、その土地に伝わる伝統技法を生かし、手仕事をします。

 

人にも環境にも健康的な方法で、ものづくりをします。

フェアトレードの製品は、そんな幸せな背景を持って生まれてきます。

 

世の中にあふれるものがすべて、そうした商品だったら。

私たちも、心から気持ちよい毎日を過ごせるでしょう。

日々の暮らしを楽しむ中で、皆が幸せになれるように。

それがフェアトレード専門ブランド、ピープルツリーがものづくりに込めた想いです。

 

(税込2000円)引用 http://www.peopletree.co.jp/index.html?_ga=2.128886668.1264846114.1547703620-1953590768.1547163319

 

 

(税込2000円)引用 http://www.peopletree.co.jp/index.html?_ga=2.128886668.1264846114.1547703620-1953590768.1547163319

フェアトレードが専門で、その中でベビー服も扱っているお店です。

people Treeの小h院のお求めはこちらから

 

 

 

nayuta(ナユタ)

■自然の風合いそのままに

ナユタは、天然の綿の風合いをそのまま生かした製品を作っています。

漂白・染色など化学的な処理は一切行っていません。

 

天然の綿にもさまざまな色(白、茶、緑)があります。

この綿の色を活かして、製品の柄は作られているのです。

 

■縫製に関して

商品ひとつひとつを、丁寧に手縫いしています。

縫製する糸・紐もオーガニックコットンを使用しています。

また、化学物質混入を極力防止する為、縫製工場ではオーガニック製品のみを製造しています。

 

■NOC認定商品

ナユタはNOC(日本オーガニックコットン流通機構)の会員です。

こちらのタグは、原料に認証された無農薬有機栽培綿を100%使い、

NOCエコ加工規準に沿って、糸や布地の生産および最終製品の加工の段階まで、

化学的な処理をせずに仕上げられた商品にしかつけられません。

ナユタの商品は一部を除き、ほぼすべての商品がこの規準を満たしています。

 

■化学物質過敏症のあなたに

コットンはあらゆる繊維の中で人間の身体に最もよくなじみます。

肌を刺激せず、適度な保湿性、吸収性があり、静電気を帯びないなど、

快適で健康に良い特性を持っています。

 

ナユタの製品は、多くの化学物質に敏感な方々にご愛用されています。

ただし、アレルギーや化学物質過敏症などすべての方が使えることを

保証するものではありません。

 

(税込2808円)引用 http://nayuta-organic-cotton.com/

 

 

(税込2160円)引用 http://nayuta-organic-cotton.com/

 

とにかくたくさんの種類の製品があります。

ベビーだけではなく、子ども、大人の男性・女性向けまでそろっています。

手縫いなら、価格ももっと高いはず・・・

でも、そんなことは無いんです。一度、ご覧になることをお勧めします。

nayutaの商品のお求めはこちら

 




 

Amorosa mamma(アモローサマンマ)

イタリア語で ”愛情ある・・・” という意味からAmorosaをもらいました。

自然からの贈りもの、やさしさにあふれた純粋無垢な素材を

愛情を持って使って欲しいという願いをこめました。

ベビー服デザイナー「いそみきよ」さんによるプロデュース・企画・デザインと、

日本オーガニックコットン流通機構(㈱パノコトレーディング)とのコラボで生まれたブランド。

 

3つの約束

1、国際認証(GOTS)をクリアした有機栽培のオーガニックコットンを使用する。

2、製造過程で漂白や化学染料を使用しない。

3、一般綿と混合せず、100%オーガニックコットン綿糸のみで製品化する。

 

 

(税込2052円)引用 https://www.yousei.co.jp/

 

(税込2700円) 引用 https://www.yousei.co.jp/

 

(税込4212円)引用 https://www.yousei.co.jp/

 

Amorosa mamma(アモローサマンマ)の商品のお求めはこちら

 

 

Angel Star(エンゼルスター)

 

「空にかがやく、やさしく、愛らしい天使の星」という意味を込めて。

 

 

40年近くベビー服や子供服のデザイン、販売をしていた仲間で

オーガニックコットンを含め日本国内でのものづくりにこだわって、

 

安心・安全、しかも可愛らしさも兼ね備えた商品を皆さまに届けたいという思いで、

平成22年に会社を設立しました。

 

代表である水野さんがデザイナーとしてオーガニックコットンという言葉が

日本に入り始めた頃から、オーガニックコットンのベビー服を作ってきているため、

日本で一番多くの種類のベビー服を生産しています。

 

 

オーガニックコットンが日本で普及したきっかけとなったのは、

幼児のアトピー・アレルギーに対する対策としての肌着からでした。

 

新生児の肌は、皮膚感覚が完成するのに2ヶ月かかり、

十分な抵抗力がありません。

 

そこで、科学的な処理をしていないオーガニックコットンの製品は

安心で安全な製品として、お母さんたちに喜ばれてきました。

 

オーガニックコットンの生産量は、世界の綿花の生産量の1%にも

満たないのです。

それに加えて、綿花の産地で貫かれているフェアトレードの精神があるので、

一般的な安い繊維製品と比較すると、オーガニックコットンの製品は

特別に価値が高いと言えます。

 

(税込1944円)引用https://angelstar-shop.jp/SHOP/21797/21798/list

 

 

(税込3132円)引用https://angelstar-shop.jp/SHOP/21797/21798/list

 

 

Angel Star(エンゼルスター)の商品のお求めはこちらから

 

 

 

 

育児工房

地球を愛し、「気持ちいい。」で幸せを世界に届けますをモットーにしています。

 

昭和38年愛知県半田市で子ども服のブランド「オオサカヤ」が生まれました。

「オオサカヤ」は子ども達の感性をはぐくむ素敵な服を届けてきました。

 

吊り天竺(つりてんじく)との出会い

 

吊り天竺とは天井から吊った編み機を使って編む、昔から伝わっている方法で

作る素材のことを言います。

 

生地を力で巻き取るタイプの編み機とは違って、生地自身の重さで

たまっていくため、リラックスした状態の糸が空気を含むように

編みあがり、独自の風合いを持った気持ちいい生地ができます。

 

そんな吊り天竺との出会いが「オオサカヤ」のオリジナルブランド

「育児工房」の誕生となるのです。

 

生地の問屋さんで手にした物が、吊り天竺でした。

その気持ちの良さに惚れました。

吊り天竺は和歌山県に数社しかなく、一反編み上げるのに

2〜3日もかかるという貴重なものでした。

 

「これで赤ちゃんの肌着を作りたい」とお願いすると、

「そんな高級品で赤ちゃんの肌着を作るの?」という

返事が返ってきました。

 

それでも、熱意を伝え続け、念願の商品化となり、

吊り天竺で赤ちゃんの肌着を作ることに成功しました。

 

オーガニックコットンを使った吊り天竺の肌着は

まさに世界一気持ちのいい肌着なのです。

 

(税込3780円)引用 https://www.ikuji-kobo.jp/

 

(税込2160円)引用 https://www.ikuji-kobo.jp/

 

育児工房の商品のお求めはこちらから

 

 

 

 

cofucu(コフク)

昭和21年ニットメーカー小林メリヤスが設立し、ニットの製造技術を基に

オーガニックコットン製品を作っています。

「cofucu」は小林メリヤスのオリジナルブランドです。

 

「cofucu」の名前はコンセプトからとりました。

「co」・・・communicationのco

製品一つ一つが出来上がるまでの原料・資材・技術などものづくりの現場と作業をお客様に伝えます。

「fu」・・・future

美しい地球と生きものたち、子どもたち、みんなの未来のために

「co」・・・culture

日本の衣の文化を届けます。

 

製品づくりへのこだわり

自然豊かな南アルプスの麗で昭和21年、ニット製造工場として創業以来

”安心・安全” の品質を守りつづけるものづくりをしてきました。

しかし、もっと根本から”安心・安全”を見直すべきであると考え

製造工程の初めからの環境に配慮した原料からできた糸で

製品づくりをしています。

 

さらに、「cofucu」の製品は徹底した安全・衛生管理のもと、

小林メリヤスの自社工場で作られています。

 

(税込1296円)引用 https://cofucu.com/

 

(税込3240円)引用 https://cofucu.com/

 

cofucuの商品のお求めはこちら

 

 

 

 

yuga

「yuga」のテーマは”未来の感じる服 ”です。

「yuga」のベビー服は、今までのオーガニックコットン製品の

イメージを大きく変えたカラフルな色と遊び心がいっぱいのデザインです。

 

染色には最新の草木染め「ナチュラル・ヒーリング・ダイ」を使用しています。

 

ハーブやひまわりなどの草花の他、オリーブやいちごなどのフルーツ、

天然のパワーストーンに加え、微量の化学染料を使い、鮮やかな発色の草木染めが可能になりました。

 

化学染料を使わない草木染めという日本古来の染め方があります。

植物による染色はそのままでは水洗いをすると

 

色が流れてしまったり陽に当たると すぐに色があせてしまいます。

そこで、染料を繊維に固定させ、発色させる為に媒染と言う作業が必要になります。

 

yugaが採用したのが、「ヒーリング・ダイ」という染色方法です。

「ヒーリング・ダイ」は繊維と天然の染料の間にタンパク質をつけて

染まりやすくする糊と、わずかな化学染料を配合して、

人体に害のある重金属や化学物質を使わないで、

鮮やかな色と安定した天然の染色を実現しました。

 

(税込3780円)引用 http://www.yugacolor.com/

 

(税込4104円)引用 http://www.yugacolor.com/

 

yugaの商品のお求めはこちら

 

 

まとめ

日本のブランドを10個あげてみました。

どこのブランドもこだわりを持って、製品を作っているのが

わかります。

 

私として、一番気になるのはnayuta(ナユタ)ですね。

なんと言っても、手縫いにまでこだわってしまうところがすごいです。

 

次に気になるのは、育児工房。

吊り天竺で作った製品をぜひ、一度触ってみたいと思います。

 

yugaは唯一多少なりとも、化学物質を使用したブランドです。

色をつけないのが安全とわかっていても、

やはり、可愛いものを着せたいという方もいらっしゃると思い、

あえて載せてみました。

 

 

製品はなるべく同じような物で、価格の比較等がしやすいものを

載せてみました。

 

気になるブランドはぜひ、ショップを見てくださいね。

こちらの記事も読まれています。

オーガニックコットンとは?

オーガニックコットンが肌に優しいはウソ?

オーガニックコットンのメリット

オーガニックコットンのデメリット

オーガニックコットン 無印良品ではどんなもの?

 




 

アフィリエイトランキング