オーガニックコットンのメリット

こんにちは、かなです。

 

オーガニックコットンの製品を販売しているお店に「プリスティン」があります。

ここでは

製品に染色をしないこと、

糸から生地、製品までを日本で作ること、

 

できあがった製品は、原綿から最終製品まで、いつ、どこで、

だれがつくったのかがわかるように履歴を管理すること。

 

肌にも心にも「やさしい仕様」のデザインをして、

素肌にストレスを与えず、しかも家で洗えて長持ちする。

 

これらをポリシーとして製品を製造、販売しています。

これだけの根拠があるので、きちんとした

オーガニックコットン100%の製品のお店として認められるので、

実際に製品を使っている方々の声を載せてみます。

 

プリスティンの使用感

[ip5_box size=”box–large” title=”” title_size=”” width=””]
オーガニックコットンの気持ちよさ、ノンワイヤーなのに体がキレイで、

着ていて気持ちよく、幸せな気持ちになれる。

プリスティンの下着に出会えて、こんな気持ちになれました!

自分のご褒美として購入し、着ていると”自分を大切にしよう”と思え、

毎日手洗いし、より愛着が湧いていく…こんな素敵な毎日を送っています。

「ノンワイヤー」=補正力がない。 このイメージを壊してくれたプリスティンの下着の大ファンです。

これからも楽しみにしています! 20代/女性/オンラインショップ
[/ip5_box]

[ip5_box size=”box–large” title=”” title_size=”” width=””]
産後、アトピーが悪化し、授乳による胸のただれや、

肩に食い込むブラジャーひもにかぶれたり、大変なことに。

プリスティンのハーフトップに変えたら、痒みがなくなりました。

市販の服のタグなどでもただれてしまうので、トップスやストールも新たに仲間入りしました。 30代/女性/吉祥寺店
[/ip5_box]

[ip5_box size=”box–large” title=”” title_size=”” width=””]
初めて購入したのは、雑貨店で見つけた下着(パンツ)です。

とても気に入り、パンツを買い足し、プリスティンさんのファンになりました。

その後購入した綿毛布は、毎日使う度幸せな気持ちになります。

購入する時には、ちょっとお高めなお値段に迷いますが、 長持ちするし、

なにより使う度に、気持ちがあがる商品たちに虜になってます。

これからも少しずつですが、購入させてもらいますね。 30代/女性/オンラインショップ
[/ip5_box]

引用元 http://www.pristine-official.jp/about-pristine.html

プリスティンの下着は肌荒れにも効果があった方、

着ていて気持ちよく、幸せな気持ちになれる。

 

気持ちがあがるので、虜になっている方。

女性は洋服で気持ちをあげるということはよく経験しますが、

 

下着を(装飾が綺麗というわけではない)着けて、

気持ちは良いし、気持ちが上がるのはちょっとすごいなあと思いました。

さらに、コットン・ラボが販売しているオーガニックコットン100%を

表面材に仕様している生理用ナプキンがあります。

これについて「@cosume」に口コミがあります。

最高の評価が7となっていて、65件の口コミの平均が5.1で

なかなかの高評価がついています。

オーガニックコットン100%(表面材)ナプキンの@cosumeの口コミ

[ip5_box size=”box–large” title=”” title_size=”” width=””]
とにかく肌触りが良いと思います。

今まで使っていたナプキンはかぶれがひどく毎月とても悩んでいたのですが、
こちらのナプキンに変えてからとても快適に過ごせています。
吸収力は心配なので普通の日を目安に使っています。
[/ip5_box]
[ip5_box size=”box–large” title=”” title_size=”” width=””]
とても肌ざわりがよいナプキンです。

たまにナプキンでかぶれてしまうことがあるので、
刺激が少ないものを探していたのですが、良いものを見つけました。
しばらくこれを使用しようと思っています。
[/ip5_box]
[ip5_box size=”box–large” title=”” title_size=”” width=””]
かわいいパッケージとオーガニック素材に惹かれて購入。

肌あたりは良くかゆくなりませんでした。
ただ漏れるかもしれない不安感と取るときに羽がくっついてしまって
全然取れなくなる現象が続き、とても不便に感じてしまいました。
[/ip5_box]
[ip5_box size=”box–large” title=”” title_size=”” width=””]
鎮痛剤が手放せないぐらいひどい生理痛に悩まされています。 薬に頼る以外に何かできることはないかなと調べてノンポリマーのナプキンに辿り着きました。 最初はnatra careを使っていましたが手軽に買えるドラッグストアに何かないかと 探しに行ったところ生理用品コーナーの端に見つけました。 こちらもノンポリマーの羽根つきを使用しています。 今までスリムを使用していたので最初は厚さに驚きました。 でも、肌当たりが優しくてポリマー入りの時に感じてたひやっとする感じしません。 肌が弱めで少しでも蒸れたり肌当たりが悪いとかゆくなりますがそれもなかったです。 不思議なことにあれほど苦しんだ生理痛も薬は必要ですが我慢できるほどになりました。
[/ip5_box]

出血量が多い日には適さないという意見はありましたが、

肌あたりについては評価が高く、かゆみも治まった方もいました。

ナプキンを取り上げた理由は、オーガニックコットン100%で赤ちゃんの産着や

洋服、おしめも作られています。

でも、赤ちゃんは使い心地を口で伝える事が出来ません。

そのため、大人の女性に肌触りを聞いてみました。

 

紫外線をカットする

原種の綿は茶色をしています。

なぜなら、自らのタネを紫外線から守るため「茶色」で保護していたのです。

実際にUV効果のある手袋や帽子などの製品が販売されています。

 

生産地の土壌を守るため

大量の農薬と化学肥料が使われていたら、いずれ土の力はなくなり、作物は

育たなくなります。それらを使わない有機栽培により、土壌は力を蓄え、

良い作物が出来るようになります。

 

生産者と新興国の人権と健康を守るため

大量の農薬と化学肥料を買うために、生産者である農家は

借金をしてこれらを買います。

 

そして、綿花の収穫が終わり、得た収入の中から借金を払わなければならず、

この繰り返しで、農家の生活は少しも改善されませんでした。

 

その中で、本来なら学校へ行く子供たちも働き手としてされ、

学校すら行けない状況でした。

 

有機栽培なら大量の農薬も化学肥料も買わずに済むので、

収入はそのまま手にすることができます。

 

また、農薬や枯葉剤で体を蝕むこともなくなります。

 

 

まとめ

 

オーガニックコットンの肌触りについては間違いないと言えます。

 

ナプキンはデリケートゾーンにさらに出血、おりものがあるという

悪条件です。

 

かゆみが出るのも当然ですが、そのかゆみも治り、かぶれがなくなるというのは

 

高品質で女性の味方になるでしょう。

 

こちらの記事も参考になります

オーガニックコットンとは

オーガニックコットンのデメリット

オーガニックコットンが肌に優しいはうそ?