ガッテン 寝たきり予防の「小脳力トレーニング」 2月12日 放送

テレビ番組

こんにちは、かなです。

 

転倒すると寝たきりの危険が指摘されていますね。

ガッテンで転倒のリスクと関係があるのは

脳の中でも小脳だということが明らかにされました。

 

小脳の働きは ズレを修正する すごいパワー

 

ガッテンボーイの宮森くんが体を張って

ものが逆さに見える「逆さメガネ」をつけて

1週間生活します。

 

もともと運動神経の良い宮森くん。

それでも逆さメガネをつけると得意のサッカーは

ボールを止めることが出来ないくらいになってしまいました。

 

1日目はざるそばをつゆにつけるのも大変。

食べ終わるのに30分もかかります。

ところが、3日もたつとだんだん慣れてきて

4日目にはゆっくりながら歩けるように。

 

そして1週間後にはサッカー、バスケット、自転車まで

乗れるようになりました。

 

そのズレを修正するのが小脳の働きなのです。

見た目のずれだけではなく 体の頭でも 修正してくれます。

 


スポンサーリンク

ガッテンのテーマである「小脳と転倒の関係」

転ぶか転ばないかは その人の小脳の働き次第です。

 

小脳の活動が低下する理由

加齢

アルコールの摂りすぎ

運動不足

個人差

 

倒れそうになった時に無意識に体を

元に戻すのが小脳の力=小能力

 


スポンサーリンク

ガッテン流の簡単な小脳力チェックの方法

片足のつま先ともう片足のかかとをつけて足を一直線にする。

左右どちらの足が前でも大丈夫。

腕を組んで目を閉じた状態で20秒立っていられたら OK です。

倒れても大丈夫な場所でテストしてください。

 


スポンサーリンク

小能力を鍛えるためのトレーニングの方法

①立てた親指を目で追いかける 小脳トレーニング

両手を前に伸ばし親指を立てる。

目だけをなるべく早く動かして 右、左と

立てた親指を目で追う。

早くやることに意味がある。

 

② 顎に片方の手を添えて顎を動かさないようにし

立てた親指を左右に動かして目で追う。

目だけをなるべくゆっくり動かし10往復させる。

ふらつきを感じる場合があるので必ず座った状態で行い、

気分が悪くなったら中止してください。

 

1ヶ月この訓練をした人に 転倒のテストを

したところ効果は抜群 でした。

体の立ち直りが早くなり、

前後のぐらつきが少なくなりました。

まとめ

 

小脳は鍛えられます。

小脳トレーニングは続けないと小脳機能が

低下する場合があります。

小能力を鍛えることで転倒のリスクも減ります。


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました