コロナウイルス 国内の今後の予想

コロナウイルス

コロナウイルス の感染が日々拡がっています。

この間、体調を崩して横になりながらテレビなどのマスコミの

報道を見てきました。

私見ですが、今後国内でコロナウイルスがどうなっていくのか

お伝えしたいと思い、必死にパソコンに向かっています。

コロナウイルスに関する医師会の見解について

3月30日に日本医師会が見解を発表しました。

私もかつて医療機関に勤めてきたので、医師会が見解を発表することが

どんなに重要なことか、予想がつきます。

滅多なことでは医師会は大々的な見解を出すことはありません。

FNNプライムオンライン
FNNプライムオンラインは「テレビとの新しい付き合い方」ができるメディアです。フジテレビ系FNN28局が総力を挙げ、これまでのテレビやニュースの枠を超えた記事・動画・ライブ配信・最新ニュースなどのコンテンツをお届けします。

 

医療崩壊をしたら、コロナに感染しても

病院にはかかることが出来ず、治療を受けられなくなると

いうことです。

 

海外の事例でも、10代の若者や普段から体を鍛えている方でも

重症化したり志望しているのが現実です。

 

はっきり言ってしまうと、医療崩壊した後にコロナに感染したら

死ぬかもしれないということです。

 

まだ、医療崩壊はしていませんが、ベッド数が足りなくなっていたり、

医療の現場で働いている人たちが疲弊しています。

働いている人たちが疲れ切っていれば、

コロナにも感染しやすくなります。


スポンサーリンク

コロナウイルスに関して政府が非常事態宣言をなぜ出さないか?

安倍首相は森友学園問題に象徴されるように

自分が儲かるために総理大臣になった人です。

 

国民のことを考えて、政治を行なっている訳ではありません。

それは安倍内閣が発足してから、今までの自民党内閣でさえ

通すことが出来なかった国民の負担を増やす法律を

ほとんど通してきた事実もあります。

 

緊急事態宣言を出せば、経済的に大きなダメージが起こるからです。

経済が止まり、その補償を政府がしなければならなくなるからです。

 

コロナウイルスが国中に蔓延して多くの人が亡くなることよりも

「国民の為にお金を使いたくない」のが安倍首相の本音でしょう。

 


スポンサーリンク

コロナウイルスの国内における患者数は本当なの?

日本は遺伝子検査の分野が諸外国に比べて非常に遅れています。

 

歴史的に見ると、ペストの大流行で全世界の25%に当たる人が

亡くなっています。

欧米はそれを経験していますが、日本は島国ということで

被害に遭いませんでした。

 

中国、韓国も感染症の経験をしています。

日本はかつて感染症の被害にあったことがないのです。

その為、法律の整備もありません。

 

また、日本は医療の基礎研究の予算を削りすぎており、

それが原因で研究・開発が遅れています。

 

その為にPCR検査数が極端に少ないです。

患者数は累計で2107名となっていますが、

専門家によればその10倍の2万人はいるだろうとの見解です。

 

さらにPCR検査はそれほど正確でもありません。

本当は陽性なのに、陰性と出てしまうのが30〜40%と

いうのが現実です。

 

これらを考えれば、現在でもコロナの感染者がいかに

多いかは予想がついてくると思います。

 


スポンサーリンク

コロナウイルスに対して国民はどうすればいいのか?

結論から言います。

「自分の身は自分で守るしかない」

家族も同様です。

 

政府に期待をして待っているのは無駄なことです。

 

*食料品、日用品の買い物以外は人の集まるところへは行かない。

 

*外出から帰ってきたら、十分な手洗いとうがいをしてください。

 

*家の換気を1時間に5分程度して、ウイルスを外に出しましょう。

 

*病院へ行く必要がある人は、定期的にかかっている場合は

病院へ足を運ばなくても、薬の処方箋を出してもらえないか

一度、病院へ問い合わせてください。

(私も持病があるので通院していますが、電話をくれれば

病院へ来る必要はないと言われています)

 

*日頃から、レジャーを楽しんでいる方は

出かけることが出来ないのは辛いと思いますが、

家の中で楽しめることを見つけて、

今までやったことがないことに挑戦する機会だと

前向きに捉えてみてください。

 

*数日前に石川県の知事が「兼六園に来て下さい」と

非常識な発表をしましたが、そのような見識の無い

言葉に惑わされるのは、やめてください。

新幹線で2時間半です・・・密閉空間に2時間半もいる危険すら

考えていません。

観光客が集まれば、確実に感染は拡がります。

 

コロナで家族を感染させてしまった人の後悔(事実です)

若い女性の話です。

その方は自分はコロナに感染することはないだろうと思い、

手洗いやうがい、アルコール消毒もしていなかったそうです。

 

その結果、コロナに感染しました。

ただ、その方は軽症で済んだそうですが、

同居している祖父母・父親・母親にコロナを感染させてしまいました。

 

祖父母と父親はすでに亡くなりました。

母親の状態も悪いとのことです。

 

若い女性は自分のことを「殺人者」だと言っていました。

自分の考えが甘いばかりに愛する人たちを亡くしてしまい、

悔やんでも悔やみ切れないでしょう。

これから、一生このことを背負って生きていかなければなりません。

 

「自分のようなことはしないで欲しい」

そう訴えていました。

 

本当にあった話です。

 

どうぞ、この方の思いをご自分の行動に生かしてください。

 

 


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました