夏休み 家族旅行の おすすめは 子供も大人も楽しめるアウトドア




こんにちは、かなです。

子供たちが元気に遊ぶ声が聞こえてきます。

もう夏休みなんですね。

 

私が子供の頃は親の勤務先の保養所の「海の家」に

毎年行っていました。

もちろん飽きるほど・・・

 

そのせいか、今は潮の香りが苦手です。

 

子供にはいろんな体験をさせてあげたいですよね?

さまざまな経験をしていく中で、

子供が主体的に「来年もまたやりたい」なんて言ってくれたら、

嬉しいですね。



 

子供とのコミュニケーションのチャンス

 

また、親も一緒に体験することで、普段は忙しくて

子供と話す時間が取れなかったり、

どう話して良いのかわからなくてコミュニケーションが

取れていないご家庭もあると思います。

 

でも、同じ体験を一緒にすることで感じた事を

共有することができます。

 

子供と話す時のポイントをおさえよう

 

子供と話す時のポイントは親が聞き手になることです。

親が先に感想を言ったりしたら、

「同じ事を思っていたのに、話すことがなくなっちゃった」と

がっかりさせちゃいますよ。

 

カウンセリングではクライアントさんが黙ってしまっても、

カウンセラーさんは80秒は黙って待つのです。

 

相手が子供なら、途中で子供が上手く話せなくても、

2分は待ってあげましょう。

 

案外、親と全く違う事を感じていたりするものですよ。

 

でも、お父さん、お母さんが好きだから

「同じ気持ちでいたい」欲求もあるので、

親が先に行ってしまうと、子供は本心を話しづらくなってしまうのです。

 

あとは「うん、うん」と話を聞いてあげて、親御さんは子供が

どう感じたのかをしっかり覚えておいてくださいね。



 

夏休みからアウトドアを始めてみよう

 

でも何から取り掛かればいいのかわからない場合が多いと思います。

 

また、アウトドア用品を1から揃えるとなると、結構お値段もかかってしまいます。

いざ購入してしまうと使わなきゃ損という親の思惑で、

それしか体験させてあげることができなくなってしまいます。

 

そこで、プランを使うのも一つの手段だと思います。

このプランは、どこの地域で遊ぶかから選ぶこともできますし、

海や川・湖・山・大地・空などさまざまなシーンで、

しかも、お子さんの年齢で遊びを選ぶことができる優れもの。

 

いろんなプランが用意されていますので、「今年はこれにしよう」

「来年はどれに挑戦できるかな?」なんて、選ぶ段階から

お子さんと一緒にすれば、話しがはずむことでしょう。

 

この下の写真をクリックすれば、プランを見ることができます。

見るのはタダですから、ものは試しにご覧になってください。

この記事をきっかけにして、夏休みの思い出ができたら、とても嬉しいです。

そとあそびキッズ