歯が抜けて大切さを実感した




こんにちは、かなです。

 

 

今日から新年号の令和になりましたね。

心新たに頑張っていこうと思いますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

私の実体験の話

半年ほど前に転居をしたのですが、引越しギリギリまで

歯の治療をしていました。

 

歯周病を予防しようと歯磨きをするのですが、

右上と左下の歯ぐきが繰り返し腫れていたのです。

 

 

しかし、引越しが急だったので、最後の1本の治療は

手付かずで終わってしまいました。

 

歯科医によると、

「歯の根っこの中が膿んでいるから、切開をして

綺麗にしてから、歯の元になる物を埋めておくと、

2〜3年で歯に生まれ変わるから。」との事。

 

引っ越しの疲れや生活に慣れないことから、

歯のことは後回しになっていました。

 

 

すると、食事中に口の中で嫌な予感。

左下の歯が、折れてしまいました。

 

さすがにまずいと思い、勧められた歯医者に予約。

「予約がなかなか取れないよ」と言われていたのですが、

なんと1ヶ月待ち。

 

ようやく初めての診察。

早速、レントゲンを撮ることに。

ここまでは、今までと同じなので余裕でしたが。

 

なんとその後のオーダーがCT。

歯のCTなんて初めてと驚きながらも、興味津々。

 

CTだとレントゲンでは見えない所がバッチリ見えます。

歯の根っこは膿んでいるだけではなく、

すでに歯そのものがなくなっている状態。

 

歯は白く映るので、歯がない所は黒く見えます。

治療した歯も、根っこがありませんでした。

 

原因はストレスの可能性が大きいとの事。

歯のすり減りについても初めて指摘されました。

 

起きているときに歯をくいしばることも多いのは自覚していましたが、

歯ぎしりもしているらしく、マウスピースも作りましょうと言われました。

 

 

 

私自身の歯の治療の原点(?)は、大学受験にさかのぼります。

勉強をしながら、砂糖入りのコーヒーを飲んでいたんですね。

そのせいで、小さな虫歯がたくさんできてしまいました。

 

もちろん、その虫歯は治療しましたし、

その後新たに虫歯にはならなかったけれど、

 

治療した詰め物の隙間から、虫歯が広がり、

数十年の間に歯を1本失っています。

 

そこは両方に歯があるので、ブリッジをしてもらって

確か1年半ほど前に、新しいブリッジに直していたのに、

CTを持っているだけの腕はあり、そのブリッジも

はずれかけているのを発見されてしまいました。

 

やはり、過疎地の歯医者とは差があると

がっかりしながらも、感心していました。

 

結局、2ヶ月先に歯を2本抜くことになり、

「歯が痛んだら、来てね。」と言われながらも、

特に痛みはなく過ごしていた所、

 

ある日、右奥の歯に違和感が・・・

「おかしいなあ」と思いながら、食事をしていると

やたらと大きい物が・・・ブリッジでした。

 

そう、ブリッジが外れてしまったのです。

そして、現在、左下の歯が1本折れて空いたまま。

 

さらにブリッジが外れたことにより、

右下の歯が1本ない状態です。

つまり、左右に空洞ができてしまっています。

Sponsored Links



 

歯が抜けるとどうなるか?

 

1番大変なのは、食事です。

柔らかい物は大丈夫なのですが、

キャベツの塩もみを食べてみました。

 

前歯はあるので、噛めるのですが、

すりつぶすことが出来ません。

 

キャベツの葉も左右の抜けた歯の空洞に入り込み、

食事を味わうことが出来なかったです。

 

いつもなら柔らかいと感じる春キャベツも

細かくすることが出来ないので、

歯ぐきに直接当たってしまい、嫌な感じ。

 

もう一品が魚を柔らかく煮た物だったので、

こちらは美味しく食べることが出来ました。

 

それまで、献立を工夫するしかなさそうです。

柔らかいうどんやじゃがいもや人参の煮た物などを食べてみたところ、

違和感はなし。

その他、トーストしないままの食パンやゼリーは大丈夫です。

 

硬めのものが、歯ぐきにあたると不快になるので、

柔らかい物が食べたくなります。

 

 

食欲が落ちて、少し痩せられるかな?

 

 

現在、10連休のゴールデンウィーク。

7日を待って、歯科医に連絡するしかありません。

 

2番目に辛いのは私特有かもしれませんが、

ブリッジが取れ、削ってある歯に舌が当たって痛みます。

 

ここ数年、舌がとても敏感になっていて、

何をしなくても痛むときもあるし、

味の濃いものを食べると、痛みしか感じません。

 

先日、内科でビタミン剤を処方してもらったら、

だいぶ調子が良かったのですが、

薬が無くなったら、痛みが復活。

 

歯を失うということがどういうことになるのか、

今回身を以て体験しています。

 

 

歯を失う原因は歯周病だけじゃない

 

最近、歯周病についてはかなり情報があり、

大変危険なものであるという事が浸透してきたと思います。

 

歯を失う原因も歯周病だという認識も多くの人が持っているはず。

でも、私のように虫歯で歯を失う割合も多いとの事。

 

とにかく、一度虫歯になってしまうと、

段々と悪化していくという話は最近聞くようになってきました。

 

だから、子供の頃から気をつけて、

虫歯にしないように注意する事がとても大事です。

 

Sponsored Links



関連記事

マウスピース  歯ぎしり用 値段は歯医者でいくら?

奥歯の抜歯後の痛みが全くなかったのは?