紫外線はいつから強くなる?本当は4月から 対策は早めに!

こんにちは、かなです。

 

暖かくなると、外へ出る機会も増えますよね。

桜も咲き、お花見を楽しむのもいいですね。

 

4月には次々とお花が咲き、お庭の花の手入れをしたり、

近くの家のお花を楽しみながら、散歩をしたりと、

 

家の中にこもっていた冬とは違い、

外に出る機会が増えます。

 

うっかりすると、紫外線のことなど忘れてしまいがちに

なりますね。

 

お肌の紫外線対策は、最近は1年中必要だという認識が

定着しつつあるので、お肌の心配はないと思うのですが・・・。

 

 

え?忘れてた?

 

それは大変。

ここで、紫外線について、復習をしておきましょう。

 

紫外線はUV-AとUV-Bがあります。

 

紫外線UV-Aの特徴

UV-Aの紫外線はオゾン層での吸収がほとんどありません。

4月ごろからUV-Aは増えはじめて

5月の紫外線は真夏とほぼ同じと言っていいでしょう。

 

UV-Aの怖いところは

 

*メラニン色素の生成を促して日焼けを起こす紫外線です。

 

浸透力があり、肌の表面だけではなく、皮膚の奥まで届くところです。

そのため、肌の奥にあるコラーゲンやヒアルロン酸を作る細胞にも

影響を与えるので、お肌のハリや弾力が失われ、

シワやたるみの原因になります。

 

ガラスを通過する力もあります。

そのため、部屋の中にいれば、紫外線の心配をしなくて良いことには

ならないのです。

窓辺では、たっぷりと、紫外線を浴びることになります。

 

お肌のハリや弾力を失わないためにも、日頃から

紫外線対策をして、いつまでも若々しいお肌を守りましょう。

 

 

紫外線UV-Bの特徴

気象庁が観測しているUV-Bの紫外線は、ほとんどが

オゾン層で吸収されます。

 

そのため、上空のオゾン層の量と関係があります。

上空のオゾン層は、日本では春に多く、夏から秋に少なくなります。

 

つまり、日本では、オゾン層が少なくなる夏から秋にかけて

UV-Bが増えることになるのです。

 

*波長が短いため、肌の表面には届きますが、皮膚の奥まで

届くことはありません。

 

しかし、UV-Aよりエネルギーが強いため、火傷のように

なる事があります。

つまり、日焼けですね。

 

そのほか、炎症を起こしたり、シミやそばかすの原因に

なります。

 
Sponsored Links




 

 

紫外線と髪の毛

 

髪は顔の5倍もの紫外線を浴びています。

5倍とはすごいですよね。

 

しかも、髪にとって怖いのはUV-Bなんです。

UV-Bはメラニン色素を分解するので、髪の色が変わったり、

活性酸素の影響でキューティクルがひび割れたりします。

 

キューティクルは髪の毛を守るのに一番大事な部分。

そのキューティクルにひびが入るということは

 

髪の毛の内部が守られないということです。

そのため、手触りや見た目を大きく損ないます。

 

 

紫外線から髪の毛を守る方法は?

 

1、紫外線を防ぐには、帽子をかぶったり、日傘をさす事が効果的です。

帽子を忘れちゃったなんて時には、髪をまとめるだけでも、

紫外線が当たる表面積が小さくなるので効果があります。

 

2、UVケア効果のあるトリートメントやスタイリング剤

使うのも効果的です。

 

3、UVケア効果のあるスプレーで髪の毛を守りましょう。

 

 

髪の毛だけでなく頭皮のケアも

 

頭皮は顔とつながっている皮膚です。

ということは、紫外線は頭皮の皮膚にも悪影響を

及ぼして、水分を奪ったりハリもなくなってしまいます。

 

また、髪の毛を作る毛母細胞が壊されると、抜け毛や

薄毛の原因になってしまいます。

 

さらに、毛根の中にある色素細胞が壊されると、

髪の毛に色をつける事ができなくなり、白髪

なってしまいます。

 

頭皮は、髪の毛を育む畑のようなもの。

美しい髪に毛を維持するためには、

日頃からの頭皮ケアが欠かせないのです。

 

頭皮ケアに特化したヘアケアグッズに

「クイーンズバスルーム」があります。

私自身愛用していて、美容室でも

「髪の毛1本1本がしっかりして、全体的に

ボリュームが増えたね」と褒められたものなので、

 

これからもずっと使い続けたいものです。

 



薬用ヘアソープ、トリートメントを5回分の

お試しセット

1300円(税抜、送料無料)

 

以前、シャンプー・トリートメントを変えようと思って、

ヘアケアに気を使っている知り合いにおすすめを聞き、

 

お試しセットが無かったので、1000円近くのボトルを

購入した事がありました。

 

ところが、私の髪には全く合わなくて、捨てるのも

もったいないので、教えてくれた人に使ってもらいました。

 

そういうことも体験しているので、

お試しセットを販売しているのは良心的だなぁと

思います。

 

紫外線が強い時間帯はを知ろう

 

紫外線が強い時間は、お布団が干せる時間と同じです。

布団を干すのは午前10時〜午後2時ですよね。

この時間帯で、1日の紫外線の60%になります。

 


引用(環境省「紫外線環境保健マニュアル2008」)

 

まとめ

紫外線は目に見えないものですから、自分が感じる太陽光の強さを

基準にするのではなく、4月から始めましょう。

 

肌には1年中、UVケアができるものを使いましょう。

頭皮を守ることも考えて、髪自体にはUVカットのスプレーや

トリートメントを使い、日傘や帽子を併用するといいですね。

 

紫外線対策をしっかりして、外で体を動かしたり、

子供たちと思いっきり遊びましょう。

*子供にも日焼け止めを使ってくださいね。

Sponsored Links