dears美容院 首都圏の店舗の実体を公開します!

こんにちは、かなです。

 

 

引っ越しが落ち着いてから、dearsの予約を取るために

ネットで店舗を調べて電話をかけて驚きました。

 

「いつがよろしいですか?」

そんな言葉を期待しながら。

 

ところが帰ってきた言葉は

「予約が空いていないんですよ。

うちの店だと2ヶ月先になってしまいます」

 

これは本当に予想外のことでした。

すぐに都会ではdearsの良さを理解している人が多いことが分かり、

他人事ながらに嬉しかったです。

 

結局、電話をかけた店舗から他の店舗を紹介してもらいました。

そこでも、予約は少し先になってしまうけれど

その日を楽しみに待ちました。

 

 

電車で1時間ほどかけて念願のdearsに行きました。

お店の雰囲気も以前通っていたdearsとはずいぶん違い、

あまりこだわっていないのが伝わってきました。

 

美容師さんの挨拶もフツーでした。

施術に入ると、違いは明白になりました。

今から何をするのかの説明がほとんど無く、

あっても、聞き取りにくい小さな声でされるのです。

 

しかも、丁寧さが感じられず、

粗雑さが目立ちました。

 

そこで思い切って聞いてみました。

「dearsのお店になるにはスクールとかに通うんですか?」

 

美容院でお店を出すとなると、一つの店で働き、

シャンプーや雑用から始まり、先輩から技を教わる

そんなイメージを持っていましたから。

 

ところが帰ってきた答えは

「DVDで勉強するんですよ」

え?・・・・・・・

 

でもそれを聞いて納得がいきました。

だから、ここまでの差が出るんだと。

 

そこのお店も予約はたくさん入っているし、

口コミを見ても気に入っている方はいます。

 

でも、癒されて眠くなってしまうほどの経験をした私には

同じdearsとは思えませんでした。

さらに追い打ちをかけたのが、飲み物です。

Sponsored Links




コーヒーをお願いすると

何と「缶コーヒー」が出されたのです。

美容院で缶コーヒーは初体験でした。

 

以前のお店では、ちょっと大きめのカップに

たっぷりとカフェラテなどが入れられて、

贅沢な気分が味わえたのに。

 

 

お客さんに対して、どんなサービスをしようか

どんな気分を味わって欲しいかは

美容師さんに任されているのでしょう。

 

 

缶コーヒーに懲りた私は次に予約を早く入れて

B店に行きました。

 

この店では、驚くこともなかったのですが、

最後にヘッドスパが無かったので、

「ヘッドスパはないのですか?」と聞いてみると、

「ヘッドスパはメニューに入っていないんですよ」

 

「静岡のお店ではあったので、入っていると思っていました」

「サービスでやっているんでしょうね」

 

やっぱり、ちょっと残念でした。

一番初めに行った店が良すぎると

違う店舗に通うのが難しいですね。

 

dearsでは、他のお店でやっていないdearsならではの

技術があると思います。

いつも不思議に感じていたのが、髪の毛が濡れている状態で

キューティクルを閉じる薬剤があることです。

 

美容師さんとの相性もあるでしょうし、

dearsに興味があったら、実際に行ってみることを

お勧めします。

 

ただし、一度行ったからといって

傷んだ髪がサラサラになるような魔法はありません。

 

また、美容院に行くのは1ヶ月に1度くらいかと思います。

dearsではきちんと髪の毛のお手入れ方法を教えてくれますので、

それを家でやるかやらないかがとても大きいです。

 

私の場合、転居がなければずーっとdearsに通っていたと思います。

でも、お手入れ方法も身につけたし、

物足りなさを感じながら、通うのは止めました。

 

次回はdearsで習った髪の毛のお手入れ方法を紹介しますね。

Sponsored Links



 

 

関連記事

dearsで髪質が変わる

dears 美容院に2年通って、わかったこと

dearsで教わったヘアケアの方法を伝授します

白髪染めのカラーバター タンドルージュで美容院いらず?

白髪染め タンドルージュ の上手な使い方

and and シャンプー&トリートメントで自分らしさを楽しもう