鉄腕DASH 「新宿DASH」の2月9日放送ネタバレ

エンタメ

こんにちは、かなです。

 

ザ!鉄腕!DASH!!【119日の全記録~江戸時代のソバを屋上で育てたい!】

が2月9日放送されます。

鉄腕DASHの江戸時代のそばとは?

 

それは三代将軍・徳川家光も愛したという「深大寺そば」のこと。

深大寺そばの歴史には諸説ありますが、

その歴史は江戸時代初期より約400年余りと言われています。

 

これが深大寺です。

引用 https://chofu-komae.goguynet.jp/

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5丁目15−1
そうなんです。
深大寺は東京都調布市にあるんですね。

実は番組で使用された蕎麦の種は、門外不出の幻の種なんです。

江戸時代から続くその「幻の種」をTOKIOは東京・深大寺で

もらい受け、新宿のビル屋上で栽培を開始しました。

 

すると深大寺そばの種はすぐに芽を出し、

驚異のスピードで成長しました。

さすが農業経験が豊かなTOKIO。

 

初夏になるとソバは白い花を咲かせて、ソバの実が

なりつつあったねですが・・・

しかし、予想外の天敵が大群で屋上にやってきたのです。


スポンサーリンク

新宿DASH ソバ栽培の天敵とはいったい何?

 

TOKIOはかつて新宿DASHに日本ミツバチが

住む環境作りをしたことがあった。

3Kmという近い新宿御苑にニホンミツバチが

生息しているからです。

 

でも、ニホンミツバチが天敵とは考えにくいですよね。

それなら、ソバの天敵の正体はなんだと思いますか?

 

私はソバの天敵を突き止めました。

それはこいつです。

嫌いな人も多いので、あえて写真は載せません。

 

その名前は「ハスモンヨトウ」

 


スポンサーリンク

新宿DASHの天敵「ハスモンヨトウ」って何?

 

ハスモンヨトウは、簡単に言えばチョウの仲間のガの一種。

農業害虫として知られています。

 

悪さをするのはその幼虫です。

 

家庭菜園をしている方はヨトウガはよく知っていると

思いますが、ヨトウガではありません。

 

しかし、日中は地表に現れないことはヨトウガと同じですね。

私も以前家庭菜園をしていましたから、

ヨトウガはよく知っています。

 

昨日まで、元気に育っていた植物がしなっとなり

倒れている。

こういうことが起こったら、犯人はヨトウガです。

 

ヨトウガは朝になると土の中に潜ってしまうので、

その辺りの土を掘り返して、ガの幼虫を探してます。

 

もちろん、見つけた後は家庭菜園用の長靴の底で

踏みつぶします。

こうして1匹ずつ退治をする必要があるのです。

この方法でないと、農薬以外ではヨトウガを

退治する事はできません。

 

害虫も色々いますが、ヨトウガの幼虫を退治するのは

1番厄介です。

 

しかもある程度成長したハスモンヨトウの

幼虫には殺虫剤も効果が薄いそうです。

 

たぶん、鉄腕DASHでは殺虫剤も使わないと

思いますし。

ハスモンヨトウが大量に発生すると、

側の子実も葉も全て食い荒らさ れてしまいます。

 


スポンサーリンク

なぜ、屋上にある新宿DASHにハスモンヨトウガ大量に

 

今までの文章をよく読んでいる方は気がついているはず。

ガの幼虫が屋上に来るのではありません。

ハスモンヨトウの成虫であるガは空を飛ぶことができます。

 

空を飛んでいて、幼虫のエサになる

新宿DASHのソバ畑を見つけてしまったんでしょうね。

 

そこで、卵を産んでハスモンヨトウの幼虫が

大繁殖してしまったという訳です。

 

ハスモンヨトウが大繁殖した新宿DASHの

深大寺ソバは無事に収穫できるのか?

 

ちなみに無事に収穫できてソバができると

こんな風に食べるそうですよ。

鉄腕DASHでも美味しいソバを食べることができると

いいですね。


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました