iPhone修理を近くの修理店でやって後悔したこと

こんにちは、かなです。

 

 

 

それは数ヶ月前のこと。

突然、iPhoneがゴーストタッチを起こしました。

ゴーストタッチというのは、何も操作をしていないにも関わらず、

勝手に文字を打ったり、メールを送ろうとしたりする現象のことです。

 

私が操作をしようとしてもできない状態になってしまいました。

都内に住んでいないので、近場で済まそうと「iPhone修理店」に

修理をお願いしました。

 

費用は5000円程で直りました。

その時は「直って良かった」と思っていたのです。

 

 

 

ところが、iPhoneの写真をパソコンに移そうとつないだところ

いつもと反応が違います。

 

バックアップ出来ないだけでなく、

「工場出荷時に戻します」の文字が・・・

 

一瞬焦りました。

しかし、他の選択肢はありませんでした。

仕方なく、工場出荷時に戻しました。

 

 

家にWifi環境があったこととiPadにも同じアプリが入っていたことで

iPhoneを元に戻すことができました。

 

さらに、iPhoneの容量が少ないので、普段からiPhoneに頼った使い方をしていなかったので、

日常で使うのには不便しなくなり、まだそのiPhoneは使っています。

 

しかし、2度と「iPhone修理専門店」は利用しようとは思いません。

修理は手間でもAppleの店まで行くようにしようと思います。

Sponsored Links



P・S 修理店にはAppleの正規修理店というのがあるということを

先程知りました。

Appleの店舗も少ないですし、正規代理店の利用もいいですね。