2020年クリスマスイルミネーション丸の内&丸ノ内テラス

2020年11月5日(木)から2021年2月14日(日)まで

「丸の内イルミネーション2020」が、丸の内仲通りおよび東京駅周辺ほかにて

開催されます。

なお、開始初日に、商業施設「丸の内テラス」が開業するので、

「丸の内イルミネーション2020」「丸の内テラス」について

お伝えしていきます。

丸ノ内イルミネーション2020はシャンパンゴールドに彩られる


過去の開催の様子

丸の内エリアの冬の風物詩として親しまれる「丸の内イルミネーション」が、

2020年も開催されます。

約1.2kmの丸の内仲通りやその周辺の街路樹330本超を、

丸の内オリジナルカラー「シャンパンゴールド」に輝くLED約120万球が彩り、

辺り一面が光の世界と変わります。

 

また、丸の内エリアでは、クリスマスツリーの点灯式やクリスマス装飾などの

イベントを実施を予定しています。

さらに有楽町エリアの国際ビル・新国際ビル前では、2019年開催時に引き続き

「光のゲート」を設置するほか、新たに東京交通会館ビルにも装飾されます。

 

<イルミネーションまでのアクセス>

JR東京駅、丸の内南口より徒歩1分

東京メトロ丸ノ内線東京駅より徒歩1分

千代田線二重橋前駅より徒歩1分

 


スポンサーリンク

「丸ノ内テラス」(商業施設)」が11月5日に開業

「丸の内テラス」は、丸の内エリアでのオフタイムの過ごし方の充実や多様な魅力の

創出を目指しています。

これからの時代のまちづくりで大切な要素となる「体験・出会い」の場を提供。

丸の内エリアでも稀少な低層建物という特長・個性を活かして、

棟全体を商業、エンターテインメント、プライベートクラブという豊かな時間や

ライフスタイルを提供する用途で構成しています。

「THE UPPER(アッパー)」9〜10階

9~10階の大型区画には、数多くの飲食店プロデュースを手掛ける

トランジットジェネラルオフィス初となるフラッグシップレストラン

「THE UPPER(アッパー)」が出店します。

“静寂と活気”をテーマに、2層ある店内を相反する要素を対比させた創造的な料理に

相応しい洗練されたステージを作りあげました。

コースメニューを提供する9階は“静寂”をテーマに、都会の喧騒を忘れられるような

落ち着きのある自然素材とダークカラーを基調にした静謐あるエレガントな空間に。

一方、アラカルトメニューやアフタヌーンティーセットがカジュアルに楽しめる

10階は“活気”をテーマに、太陽の光が降り注ぐ明るいテラスへと続く開放的な空間を

生かし、上質でありながらもモダンで軽快な印象に。

大型エンターテインメントプレイス1~2階

 

1~2階は、丸の内エリア初、新業態の大型エンターテインメントプレイスと

なっています。

テラスと一体化した店内は五感で感じるニューアメリカンダイナーに、

最新鋭のカラオケやダーツなどの設備を持ったエンタメエリアを併設しました。

 

シーンやニーズに合わせ、ビジネスからプライベートまで多彩なコミュニケーション

が生まれるエリア初の大型複合エンターテインメント空間を目指しています。

1階は洋画に出てくるようなレトロポップなムードで、

2階はラグジュアリーなモダンアメリカンダイナーをイメージしています。

どちらも非日常空間を演出。

プロジェクションマッピングを導入した2階店内では、動く壁画を眺めながら

食事を楽しめます。

メニューは話題の調理機器「Dr.Fry」で揚げるBIGフライドチキン、

サーロインステーキのほか、国内外のクラフトビールをはじめとする

種類豊富なラインナップでアミューズメントシーンを盛り上げてくれます。

新業態スペインバル「バル ポルティージョ デ エスパーニャ」は、

20種類以上のパエリアが味わえる、米料理専門店です。

2012年に日本初の米料理専門店として代官山にオープンした本店

「サルイアモール」から引き継いだ多種にわたるパエリアと伝統的で

素朴なタパスを提供します。

 

パリのミシュラン2つ星レストランLE TAILLVENTのサービス・クオリティを

カジュアルに楽しめる新業態のファインダイニング「ESPRIT de TAILLEVENT

TOKYO」も出店。

季節の新鮮な食材で構成されたビストロ・ブラッセリーの料理を、

カウンターを中心にリラックスした空間で味わえます。

 

大阪で活躍していた小林岳シェフの「YOTTERIA GAKU」が東京に移転。

豚肉の部位を駆使する本場の料理や旨味を凝縮したチーズリゾット、

サツマイモのニョッキゴルゴンゾーラソースなどのメニューが揃えられています。

 

中華料理の中でも最も格式高いと称される四川料理を気軽に楽しめる、

新業態のNEO四川「ジャンピングパンダ」もオープンします。

地下1階には「千葉スペシャル」とオフィスサポート店舗

さらに、地下1階には丸の内ワーカーの日常を磨くこだわりのサービス店舗と、

日常を支えるオフィスサポート店舗を揃えました。

靴磨きの常識を変えた第一人者「千葉尊」氏が提供する靴磨き「千葉スペシャル」、

アメリカンスタイルのバーバーショップ「HIROGINZA BARBERSHOP」、

「コスメティクスアンドメディカル丸の内テラスドラッグ」、

「タリーズコーヒー」、「ローソン」が出店します。

 


スポンサーリンク

まとめ

「丸の内イルミネーション2020」「丸の内テラス」について

お伝えしてきました。

イルミネーションはもちろんのこと、「丸ノ内テラス」は個性的なお店が

揃いましたね。

今から、オープンが楽しみです。

是非、お出かけしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました