TOKIOの鉄腕ダッシュが2020年1月12日 生放送に!

エンタメ

こんにちは、かなです。

 

 

私も欠かさずみているTOKIOの鉄腕ダッシュが生放送されるという

情報が入ってきました。

 

生放送されるのは2020年1月12日です。

今日の夜なのです。

 

生放送で何か発表でもされるのでしょうか?

ドキドキしちゃいますね。

 

TOKIOの鉄腕ダッシュで生放送が行われる理由とは?

 

最近、少しずつ話題になっているあの元メンバー山口達也さんの

復帰のお知らせでもあるのでしょうか?

 

「生放送」と聞いた瞬間にそのことが頭をよぎりました。

 

しかし、残念ながら今回はそれとは関係がないようです。

 


スポンサーリンク

TOKIOの鉄腕ダッシュで生放送が行われる本当の理由はこれ!

 

リーダーの城島茂さんがロケの内容に「至らぬ点」があったため、

本人自らやり直しを志願したとのことです。

 

12日は「DASH島」と「出張DASH村」が放送されるのですが、

東京・汐留の日本テレビから生中継が数回入るとのことです。

 

わかっている情報はこれだけなのです。

 

「DASH島」も「出張DASH村」も日本テレビ内での収録ではないので、

ロケ内容の「至らぬ点」をリーダーの城島茂さんがやり直すとは

いったい、どういうことなのでしょうか?

 

ロケ現場でない日本テレビ局からの生放送でやり直すのは、

今夜の放送を見てみないと想像がつかないというのが本音です。

 


スポンサーリンク

TOKIOの鉄腕ダッシュで「至らぬ点」をやり直すのはなぜ?

 

TOKIOから山口達也さんが抜けてから、特に「DASH島」のロケでは

リーダーの城島茂さんが中心になってやってきました。

 

DASH島の神社の建て直しでも、宮大工さんから直接指導を受けました。

釘打ちでは長瀬智也さんに太刀打ちできない、あまり起用とは言い難い

城島茂さんですが、神社の柱の斗栱(ときょう)の部分を作った時は

心を込め、かつ一生懸命で見ていて感動すら覚えました。

 

ちなみ斗栱(ときょう)は下の説明にあるところです。

 

斗栱(ときょう)
社寺建築の代表的な様式で、斗組(ますぐみ)、枡形(ますがた)、組物(くみもの)、斗組(とぐみ)とも呼ばれます。
梁や桁にかかっている荷重を柱に伝える役割を持ちます。上部の接点は分散させ、梁や桁の接点の負荷を軽減しつつ、分散して集めた荷重を柱へと1点に集中して伝えています。建築装飾の進化により、緻密かつ複雑な構造となり、部位単位では最も部品数の多い箇所となっています。
引用 http://www.caname-jisha.jp/cms/?p=818

TOKIOのリーダーである城島茂さんは、結婚会見でも言っていた様に

TOKIOをまとめることに必死です。

TOKIOを辞めるのではと噂されていた長瀬智也さんとも話し合って、

TOKIOを続けていくことになったとリーダーの口から報告されています。

 

そんな城島茂さんだからこそ、TOKIOの看板番組である

鉄腕ダッシュにも私たちが想像できないほどの熱い思いを持って

番組作りをしているのだと思います。

 

それが今回の「生放送」になったのではないでしょうか?

 

もうすぐ50歳を迎える城島茂さん。

お子さんも生まれることですし、どうかお身体をいたわってお仕事してください。

 


スポンサーリンク

TOKIOの鉄腕ダッシュの生放送を見た感想

 

ここまでリーダー城島茂さんを高く評価していた私はなんだったのか・・・

と一抹の後悔が。

 

なんとダジャレの言い直しでした。

カキを食べて出たダジャレが

「ホームラン球やね このカキはカキーンって」と既に2度も使われていた物。

それを生中継で

「一部生放送でカキでダジャレってまさにカッキてきやね」

 

 

パプリカを食べた時には収録時間が6時間もあったのに

ダジャレひとつ言えなかった城島茂さん。

 

生放送で出たダジャレが

「このパプリカ 栄養パップりか」

「パプリカを一口でパプリか」

 

城島茂さんに言いたい。

あなた、情熱をかける方向、間違っていますよ!

 

でも、鉄腕ダッシュはずっと見て応援していきますからね。

これからも頑張ってね。

城島茂さんのダジャレには期待しないから、伸び伸びとやってね。

 

 


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました