チェコ料理店 東京四谷の「だあしゑんか」バゲット8月20日

テレビ番組

チェコは街並みが美しく、黄金の街とも言われています。

ビールの個人消費量が世界一ですが、それは料理とも関係があるので、

東京のチェコ料理店「だあしゑんか」を紹介していきます。

チェコ料理店は日本でも数店しかないので、貴重ですね。

チェコ料理店 東京四谷の「だあしゑんか」の店主はどういう思いで店を作ったの?

「チェコの絵本を置いたバーを作りたい」

絵本はチェコの古本屋で集めたもの。

店名の「だあしゑんか」はチェコの絵本が和訳された時の最初のタイトルから取ったもの。

店主自らが集めたチェコビール、絵本や装飾品がずらりと並んでいます。


スポンサーリンク

チェコ料理店 東京四谷の「だあしゑんか」のメニュー3品の紹介

ウトペネツ

チェコの居酒屋名物でソーセージのピクルスです。

ソーセージ、パプリカ、玉ねぎをピクルスにして3日間酢漬けにします。

とてもさっぱりしていて、食欲がない時でも食べられそう。

700円(税込)

 

ブランボラーク・プレーン

じゃがいも、小麦粉、卵、牛乳、ニンニク、マジョラムを混ぜて

両面しっかりと焼きます。

じゃがいもがもっちりとして、外はカリッとします。

ハーブのマジョラムはほんのり甘い香りがして、じゃがいもとよく合います。

それに加え、ガーリックがいいアクセントに。

チェコではシチューの付け合わせにしたりするそうです。

店主が作った自家製のタルタルソースをつけて食べると、

一段と美味しく、ソースの中のピクルスがアクセントになっています。

780円(税込)

 

ヴェプショー・クネドロ・ゼロ

塩味とスパイスの効いたローストポークにクネドリーキ(自家製ゆでパン)と

温めたザワークラウトを添えて食べるチェコの定食メニューです。

店主が言うには、ゆでパンは肉まんの皮みたいな感じ。

ヴェブショーは豚肉のこと、

クネドロはクネドリーキ(自家製ゆでパン)のこと、

ゼロはザワークラウトのことを指しています。

3つを合わせて食べるのがチェコ流です。

 

ふわふわしてて驚くほどの豚肉の柔らかさと酸味の強すぎない

キャベツとバランスが凄く良い。

塩気が強めなのでビールとぴったり合う料理です。

1450円(税込)


スポンサーリンク

チェコ料理店 東京四谷の「だあしゑんか」のアクセス

ビルの入り口の写真

所在地: 〒160-0006 東京都新宿区舟町5−25−B1F Tsi舟町ビル

時間:営業時間外 ⋅ 営業開始: 18:00

電話: 03-5269-6151
地下鉄四谷三丁目駅から徒歩3分


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました