コロナウイルスの除菌に「次亜塩素酸ナトリウム」が有効、商品紹介も

コロナウイルス

新型コロナウィルスを恐れて、マスクやアルコール除菌液などが

手に入らなくなりました。

 

コロナウイルス感染予防とマスクの関係についてWHOが

感染予防のためのマスクは不要との発表をしました。

詳しくは3月1日のこちらの記事をお読みください。

コロナウイルス の感染予防にマスクは不要 WHO発表

 

そこで、別のものを使っての予防ができないかと調べていたら、

厚労省が「次亜塩素酸ナトリウム」が有効であると発表しました。

 

次亜塩素酸ナトリウムの商品

 

人の肌と同じ弱酸性なので

安心して使えます。(スプレータイプ)

こちらはシートタイプで

手指や赤ちゃんにも使えます。

 

こちらは食品に使えます。

カンファ水は、厚生労働省が定めている食品添加物である

殺菌剤の「次亜塩素酸ナトリウム」と食品添加物の「希塩酸」を

水で希釈混合させて生成するため、

食品の殺菌用としてご使用できます。(厚生労働省の見解)

カンファスイ

 

 

 

 

哺乳瓶の消毒に使えます。

 

薄めて使うタイプなので、たくさん使いたい方におすすめです。

 

長いこと使われている商品です。こちらも薄めて使うタイプです。


スポンサーリンク

新型コロナウイルス に感染しないように家庭でできること

新型コロナウイルス感染症の感染経路新型コロナウイルス感染症の

感染経路は飛沫感染接触感染です。

*飛沫感染(ひまつかんせん)飛沫感染とは、

感染した人の咳やくしゃみのしぶき(飛沫)に含まれるウイルスを

吸い込むことで感染することを指します。

 

* 接触感染接触感染とはウイルスが着いた手で目・口・鼻を

触ることによって感染することを指します。

接触感染を防ぐために、家庭で出来ることをやっていきましょう。


スポンサーリンク

新型コロナウィルスの家庭内の消毒について

とにかく手指がよく触れる場所を清潔に保つことが大切です。

物の表面の消毒には 次亜塩素酸ナトリウム が有効であることが

厚労省の新型コロナウイルスに関するQ&A より分かっています。


スポンサーリンク

コロナウイルス に有効な次亜塩素酸ナトリウムの希釈の方法

 

次亜塩素酸ナトリウム原液(ケンミックスやピューラックスSなど)を

使用する時には使い道に応じ、製品に記載されている用量に

希釈(薄めて)して使用してください。

薄め方はこちらを参考にしてください。

500mlのペットボトルのキャップ(ふた)は約5mlの容量です。

計量カップ等がない場合は、これを用いて希釈できます。

(例) 原液が5%の消毒剤を希釈する場合

・キャップ2杯(約10ml)の消毒剤原液を、

ペットボトル1杯(500ml)の水に加えれば、50倍希釈となり、

1000ppm(0.1%)の消毒液ができます。

 

・キャップ半分弱(約2ml)の消毒剤原液を、

ペットボトル1杯(500ml)の水に加えれば、

250倍希釈となり、200ppm(0.02%)の消毒液ができます。

(注) 消毒液の入ったペットボトルは、誤って飲むことがないないように、

消毒液であることをはっきりと表示してください。

引用 http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/

 

コロナウイルス に有効な次亜塩素酸ナトリウム原液を使用する上での注意点

 

次亜塩素酸ナトリウム原液を使用する場合は、

商品に記載してある使用方法をよく確認して使用してください。さらに次のことに注意してください。

1、皮膚に対する刺激が強いため、手洗いなど人に対しては使用しないでください。

2、使用するときは、消毒液が直接皮膚に触れないように

ビニールなどの手袋を使ってください

万が一、消毒液が皮膚や衣服についた場合は、すぐに水で洗い流してください。

3、使用するときは、換気を十分に行ってください。

4、他の洗剤と混ぜると危険な場合があります

「混ぜるな、危険!ですね」

特に酸性の強い洗剤と混ぜると有毒ガスが発生しますので注意してください。

 

5、次亜塩素酸ナトリウムで器具を消毒する場合、

濃度が濃いほど、また作用させる時間が長いほど、

ウイルスに対して有効です。しかし、変色したり、色が落ちることがあります。

最初は薄い濃度で試して、様子をみてください。

また、使用後は、必ず水で洗い流すかふき取ってください。

6、薄めた消毒液は時間が経つにつれて効果がなくなりますので、

必要な量だけを使うときに原液を希釈して作り、

作り置きをしないでください。

7、塩素は(次亜塩素酸ナトリウムは塩素です)

日光によって容易に分解するので、原液は直射日光の当たるところや、

高温の場所には置かないでください。

8、 金属部位に使用した場合は、薄めて使い、

10分程度たったら水拭きしてください。

 

 

コロナウイルス の感染予防にマスクは不要 WHO発表


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました