コロナウイルス日本人感染者数 2月13日現在と今後の予想

コロナウイルス

こんにちは、かなです。

新型コロナウイルスの 感染者が日本国内でも 発生し始めました。

(クルーズ船を除いています)

2月13日現在の情報と今後の予想をお伝えします。

2月13日現在の コロナウイルスの 国内の感染者情報

神奈川県の80代の女性が 新型コロナウイルスで亡くなりました。

東京都内では、 70代のタクシー運転手が コロナウイルスに

感染していることがわかりました。

 

千葉県の20代の男性も感染が認められてます。

和歌山県では 50代の 外科医師の感染が明らかになりました。


スポンサーリンク

コロナウイルスの 今後の感染についての予想できること

千葉県の20代の男性については家族も会社の同僚も感染が認められていません。

心配な点は 東京都内の タクシー運転手と

和歌山県の 外科医師 からの 感染の広がりです。

 

タクシー運転手 の仕事は 車という閉鎖的な空間で

様々な人と 触れ合うことです。

 

この運転手のタクシーを利用したお客さんが

コロナウイルスに 感染する可能性があり、

自分がこののウイルスに感染していると知らずに

周りに ウイルスを 運んでしまったというケースが考えられます。

 

また和歌山県の 医師は 症状が出てからも

解熱剤を飲んで 診察にあたっていたことが 分かっています。

 

コロナウイルスは 潜伏期間が およそ14日 と言われていますので

この潜伏期間の間にも 診察をしていると考えられます。

 

病院の診察室も 狭い空間ですし、

診察の間は 医師と 患者との 距離がほとんどありません。

 

そのため、 この医師の診察を受けた 患者さんが

コロナウイルスに 感染している可能性があります。


スポンサーリンク

コロナウイルスの 今後の広がりの 予測

東京は人口も多いですし、 タクシーも

不特定多数の方が利用しているので

コロナウイルスがどのように広がるかが

見通しが つかない 状況です。

 

和歌山県の医師は湯浅町にある済生会病院に

勤務していることが分かっておりますので、

和歌山市を中心に感染が広がることが考えられます。


スポンサーリンク

コロナウイルスから身を守るために 私たち自身ができること

 

なるべく 人混みの多い 場所には行かない ようにする。

通勤通学で 交通機関を利用している方は できるだけマスクを着用する。

こまめな手洗いうがい が欠かせません。

コロナウイルスは目から 感染することも 分かっています。

 

コロナウイルスで 重症化する患者さんは 高齢の方 持病のある方が

ほとんどですので 日頃から 十分な睡眠をとり、

栄養のある食事をして免疫力を上げておくことが必要です。


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました