新型コロナの基礎疾患と重症化のリスクは?年齢によるリスクは?

コロナウイルス

新型コロナの感染者数は増加し続けています。

新型コロナは基礎疾患があると重症化しやすいと

言われていますが、その基礎疾患にはどのような病気が

含まれるのでしょうか?

 

それらの基礎疾患があると重症化のリスクは何倍くらいに

なるのでしょうか?

又、年齢によるリスクはどのくらいになるのでしょうか?

これらについて、お伝えしていきます。

新型コロナの基礎疾患とされる病気と重症化のリスク

新型コロナの基礎疾患とされる病気と重症化のリスクは

喘息:1.5倍

高血圧:3倍

肥満(BMI30以上):3倍

糖尿病:3倍

慢性腎臓病:4倍

重度の肥満(BMI40以上):4.5倍

2つの基礎疾患:4.5倍

3つ以上の基礎疾患:5倍

ここまではアメリカのデータを基にした

感染症専門医の忽那賢志先生の見解です。

 

がん:重症化リスク3.6倍

慢性腎臓病:入院リスク増加

COPD(慢性閉塞性肺疾患):重症化リスク5.7倍

固形臓器移植による免疫不全状態:致命率上昇

肥満(BMI30以上):入院リスクが2.1倍、死亡リスクが1.5倍

心不全、冠動脈疾患、心筋症などの重篤な心疾患:重症化リスク3.4倍

2型糖尿病:重症化リスク2.3倍

喘息(中等症・重症):人工呼吸器装着期間の延長

脳血管疾患:重症化リスク1.8倍、死亡リスク2.4倍

高血圧症:重症化リスク2倍、死亡リスク2.2倍

血液移植・骨髄移植、原発性免疫不全、HIV、コルチコステロイドの使用、その他の免疫抑制薬の使用による免疫不全状態:潰瘍性大腸炎患者のうちステロイド使用者で死亡リスク6.9倍

肝疾患:肝硬変の重症度に伴い死亡リスク増加(最大28倍)

妊娠:1.7倍人工呼吸器が必要になる

喫煙:重症化リスク1.9倍

CDC. Coronavirus Disease 2019 (COVID-19). People with Certain Medical Conditionsより

新型コロナにおける年齢のリスクは?

日本でのデータで、年齢と致死率をグラフにしたものです。

60〜69歳が致死率が 4.3%

70〜79歳が致死率が13.5%

80歳以上の致死率が26.9%

となっているように、高齢者ほど致死率は高くなります。

 

この下はアメリカのデータです。

18〜29歳を1とした場合の年齢の違いによる入院と死亡のリスクを表しています。

85歳以上の入院リスクは13倍、死亡リスクは630倍にもなります。

反対に、全年齢層で最もリスクが低いのは5-17歳で、18歳~29歳と比べて

入院リスク・死亡リスクはそれぞれ9倍、16倍低くなっています。

また、女性よりも男性の方が重症化リスクが高いことも分かっています。

加えて、国立感染症研究所 感染症疫学センターの解析によれば、

これらの基礎疾患に加えて高尿酸血症も重症化リスクであると報告しています。

 


スポンサーリンク

これらの基礎疾患を持っていたら

現在受けている治療はこれまで通り継続してください。

またかかりつけ医に、発熱などの体調不良時にどうすればよいのか

事前に相談しておきましょう。

 

タバコを吸っている方はこれを機に禁煙にチャレンジすることをお勧めします。

重症化リスクの高い基礎疾患を持っていたとしても、

普段の生活で感染対策上特に気をつけるべきことは同じです。

「手洗い」「屋内でのマスク着用」「3密を避ける」といった

基本的な対策をしっかりと行うようにしましょう。

新型コロナが特に流行している時期には外出は避けるようにした方が安全でしょう。

 

 

こうした重症化リスクの高い人と同居している人も同様に、

大事な人にうつしてしまわないために感染対策をしっかりと行いましょう。

特に若い人は自分が重症化しないと気が緩みがちになりますので、

自分が家庭内に感染を運ばないように気をつけましょう。

悲しい話ですが、日本で実際にあった事です。


スポンサーリンク

まとめ

私自身も新型コロナの基礎疾患を呼吸器系の疾患だけと捉えていましたが、

肥満も入るなど、基礎疾患の範囲は広かったです。

また、それらの基礎疾患があるとどんなリスクが高くなるのかが

理解できたのではと思います。

 

病気ではありませんが、妊婦さんも人工呼吸器のリスクが1.7倍に

なりますので、充分に気をつけてください。

 

やはり高齢者の致死率の高さは65歳で90倍となりますので、

同居している方も感染しないようにしたり、

同居している高齢者の日頃の様子をチェックして、

普段と違ったら、かかりつけ医に相談をしてください。

 

 

 

 

 


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました