犬の生理の時のオムツを実際に使ってみました

こんにちは、かなです。

 

我が家の犬はマルチーズの女の子。

お母さんが1.5キロしかなかったので、やはり小さ目です。

 

他の歯は生え変わったものの、犬歯だけが生えてきません。

歯を抜くだけでも全身麻酔をする手術になるので、3万かかるとのこと。

 

避妊手術と抜歯を別々にすると、費用も高くなるので

毎月、犬歯を見てもらっていました。

 

そろそろ1歳になる頃、獣医さんが

「中には犬歯が生え変わらない子もいるから」とのことで、

1度目の生理の後に避妊手術をすることになりました。

 

生理に備えてユニ・チャームから出ている「マナーウエア」を

準備しておきました。

1枚1枚に花柄がついているので、可愛いですよ。
Sponsored Links



 

 

 

1歳過ぎにお留守番の日に生理になりました。

一緒に寝ているので、人間のシーツにわずかに出血の跡がありました。

「マナーウエア」の出番です。

 

おしっこを2回したら、取り替えてあげると書いてあるので、

その辺は勘で交換しました。

尻尾が出る穴も付いているのですが、一度便が付いてしまったので、

穴についている余計な紙はハサミで切ってあげました。

 

使い方は簡単で

最初に尻尾を穴から通して、人間ように紙おむつと同様に

テープで止めてあげるだけです。

 

紙でも、ダンボールでも、プラスティックでも食べてしまう子なので

オムツを食べないかと心配しましたが、大丈夫でした。

 

生理(ヒートと言います)は意外と長引き、出血量が減っても

2日くらいはオムツをつけていました。

8〜9日ほどでした。

 

いつもはエネルギッシュな子なのに、随分寝て過ごすことが

長くなり心配するほどでした。

 

なかには食欲が落ちてしまう子もいるようですが、

普段から、食べ物への執着が強いので、食事はいつも通りにしていました。

 

 

 

人間の生理と全く異なり、生理の後に発情期になります。

普段は、子供が大好きで、散歩で声がするだけでかけていく子なのに、

外から人の声がすると、吠えたり、

犬の鳴き声にも反応して大きな声で吠えていました。

 

イライラもしていて、家の中でもいつもより吠えるようになってました。

 

外陰部が3倍くらいにふくらみ、明らかに発情しているのが

わかります。

 

昨日、外陰部を見たところ、ふくらみは無くなっていたので、

そろそろ発情期も終わりかなと思います。

 

この後、偽妊娠もあるかも知れないので、体調管理に

気をつけてあげようと思います。

 

生理の2ヶ月後には避妊の手術をするので、

最初で最後の生理ですが、「マナーウエア」は

遠出の時にも重宝しそうです。

Sponsored Links



関連記事
フェレットはなついて こんな行動をしますよ!