コロナの感染を防ぐマスクがあるってホント?

マスクは自分が感染者だった場合に、人にうつさない為のものであり、

マスクではコロナの感染を防ぐことが出来ないと思っていませんか?

 

実はコロナの感染を防ぐマスクがあるってご存知ですか?

それって一体何なの?どういう仕組みなの?と疑問に思う方も多いと思います。

そこで、まだご存知ない方へ向けてコロナの感染を防ぐマスクに

ついてお伝えしていきます。

 

コロナの感染を防ぐマスクの構造

コロナウイルスがどんな環境だと、どの位生きていられるかと

言う事を聞いたことがあると思います。

 

ステンレス・プラスチックの表面だと

コロナウイルスは2〜3日も生きていられます。

その為、スマホの画面は1日1回アルコールで拭くようにと

言われていますよね?

 

また、段ボールなどのボール紙の表面ではコロナウイルスは

24時間生きていることができます。

 

しかし、ステンレスと同じ金属なのに、銅の表面だと

たったの4時間しかコロナウイルスは生きている事ができません。

 

そこで、金属の銅を繊維にしてマスクを作った会社があります。

アオレイル株式会社です。


スポンサーリンク

コロナに感染しない効果があるマスク−1

このマスクがどれほど効果があるかを、財団法人日本化学繊維検査協会 生物試験センターが検査して得られた結果が下のグラフです。

では、コロナウイルスに関しては効果はあるのでしょうか?

2020年3月18日のBBCニュースJAPANにてコロナウイルスと銅について調査結果の記事がアップされており、銅の効果が認められました。


スポンサーリンク

銅繊維インナーマスクの特徴とは?

1枚1980円(税込)
日本初の銅イオンパワーでウイルスを抗菌します。
市販の使い捨てマスクの内側に挟むだけのインナーマスク。
生地はオーガニックにこだわりの高いIKEUCHI ORGANIC製の

今治タオルを使用しています。

インフルエンザなど各種ウイルス感染予防に、

花粉症やハウスダストなどアレルギー体質の予防に

お勧めします。

 

他にもこんなメリットが

*一般的な使い捨てマスクにインナーマスクを挟むことにより、

吐く息を吸収し、メガネの曇りを軽減できます。

*立体的に作られているため、どんな形のマスクにも対応します。

ズレにくくピッタリフィットし、息がしやすくなります。

 

*洗って繰り返し使えるので、清潔に使うことができて経済的です。

日本製でしっかり織られた生地なので型崩れしにくいです。

 

さらに抗菌重視の方へおすすめは3層構造になったこちらを。
こちらは1枚で買えます。(税込1980円)

私はコロナが流行する前は全くマスクをしなかったので、マスクの付け

方が上手くないです。

そのせいか、このインナーマスクを落としてしまいました。

 

すると、ポケット付きのプリーツマスクも販売されていました。

早速購入しました。

1枚1320円(税込)です。
ご紹介した商品にはお子さん用もありますので、
こちらをご覧ください。

銅繊維インナーマスクのお手入れ方法

①洗濯機に入れる前に濡らす。
ふわふわとした質感を作り出しているのはタオル生地のパイル。
このパイルを良い状態に保つためには、
洗濯機の中で水に泳がせる必要があります。
乾いた状態で洗濯機に入れると、水をどんどん吸ってしまい、
洗濯機の中が水不足なってしまいます。
今治タオル銅繊維インナーマスクを洗う時には、
今治タオル銅繊維インナーマスクだけビショビショに
濡らして洗濯機に入れてください。
②脱水後にパタパタして風になびかせる。
脱水が終わったら、手首のスナップをきかせて
パタパタしてください。
風になびかせることでパイルを立たせることができます。
③乾燥しすぎに気をつける。
乾燥機などで乾燥が終了したら、すぐに取り出します。
天日干しの場合も、ずっと出したままだと乾燥しすぎてしまうので、
早めに取り込んでください。
乾きすぎてしまった場合は、水分を与えてあげることが大事です。
スチーマーの蒸気を当ててください。
引用 http://aoreiru.com/innermask/

こちらのマスクも人気です。

満員電車で通勤する方にお勧めします。

 

 

コロナに感染しない効果があるマスク−2

こちらは新潟大学大学院の榛沢和彦特任教授(血管外科)が開発した

インナーマスクです。

制菌加工で菌捕集機能があり、100回洗濯しても効果が80%保たれる

という優れ物。

 

新潟大学大学院の榛沢和彦特任教授(血管外科)と

新潟のスポーツウエアの製造販売会社のオンヨネ

 

榛沢氏は「内側は酸化チタンなど約10種類の金属を練りこんだ

半導体繊維で、紫外線などが当たると

繊維にOHラジカルなどができ、

繊維に触れた病原体の捕集、不活性化が期待できます」

とウイルスの低減効果を説明した。

続いて表側については

「表は制菌加工をしています。

菌を殺すという意味でなく増殖させない機能を持っています。

元々、防塵繊維で、簡単な言い方をすると繊維がツルツルで菌がつかない仕組み。

埃がつかない材質です」と説明した。

引用 Yahoo!ニュース

つまり、繊維に触れた病原体を捕まえて、さらに不活性化させてしま

うという。

さらに、表側はツルツルの繊維の働きで、

ホコリがつかない材質、つまり菌もつかないようになっている。

 

 

マスクの洗濯方法はこちら

*注意事項:漂白剤・乾燥機・アイロンの使用は避けてください。

 

まとめ

コロナの感染に効果があるマスクについてお伝えしてきました。

 

マスクは自分が知らないうちにコロナに感染をしていて、それを他の

人にうつさない為の働きしか無いと思ってきました。

 

しかし、コロナの感染に効果があるマスクがあれば、どうしても

人混みに行く用事がある時に安心です。

 

現在、ヨーロッパを中心にコロナの感染者数は1日数万単位です。

とある情報によれば、コロナウイルス に変異が起きていて、

ウイルスは何通りも出てきているとのことです。

 

そうなると、期待していたワクチンが完成したら、

「コロナとはさようなら」とはいかなくなるかも知れません。

 

ただ、コロナはネアンデルタール人の遺伝子を持っている人が

かかりやすく、日本人にはその遺伝子がないので感染する人が

ヨーロッパとは桁が違うということが最近わかりました。

 

これから、まだしばらくはコロナと共存しながら生活を送ることに

なりそうです。

 

人との感覚を2mほど取ることと、手洗いをしっかりすることを

習慣としてやっていきましょう。



タイトルとURLをコピーしました