マスクをあごの下にずらすと感染しやすいって本当?理由を確かめてみた!

マスクを付けたままの生活がすっかり当たり前のことになりました。

しかし、外出先でちょっと飲みものを飲む時や、スマホのロックを顔認証で解除する時に

マスクをあごの下にズラすという人は多いですよね?

しかし、その行為はウイルスの感染リスクを高めているかもしれないというのです。

 

その理由を確かめました。

マスクをあごの下にずらすと感染しやすいって本当?理由を確かめてみた!

イギリスのミッドランズ地域で救急車の手配などを手掛けている

「East Midlands Ambulance Service」は、Facebook上に、マスクをあごに下ろす行為は

ウイルスへの感染リスクを高めると注意を促しました。

 

その理由はマスクをつけている間も、あごの下から首元にかけての部分は、

無防備にさらされて、ウイルスが付着しやすくなっているのです。

そのためマスクをあごに下ろすと、その内側にそのウイルスなどが付着して、

再びマスクを戻すと鼻や口から感染する可能性があるというのがその理由です。

 


スポンサーリンク

マスクをあごの下にずらすと感染しやすいって本当なら、どうすれば良いの?

飲食をする時など一時的にマスクを外す際は、あごに掛けずに 完全に外すのがベスト

しかし、一時的に外したマスクはどのように保管すればいいのでしょうか?

トロント大学の感染症学教授のアンドリュー・モリス博士は

 

マスクを一時的に外し保管しておくために、紙袋、または清潔で再利用可能なプラスチックの容器な

どを持っておくこと

が理想的だと語っている。

 

「マスクの外側は外側に、内側は内側にある必要があります。

手を洗う前後にマスクのストラップに触れるだけです」とモリス教授は述べています。

 

マスクの内側が上向きになるように置いて、ストラップがマスク内側に触れないように

充分気をつけてほしいとしている。

マスクを肘に着ける、片耳に掛けるといった行為も感染リスクを上げてしまうので、

絶対にやめましょう。

まとめ

マスクをあごの下にずらすと感染しやすくなる理由をお伝えしてきました。

マスクをしていれば、安心という気持ちになっていた私はかなり反省しました。

マスクの取り扱いにもきちんと気をつけなければいけないのですね。

これからは、自分が感染しない為にも対策をとっていこうと思います。


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました