新型コロナの検査の種類と症状、陽性から退院まで

コロナウイルス

新型コロナの患者数が毎日報告されています。

いつ自分が感染してもおかしくない状況と言えると思います。

そこで、PCR検査も含めて、新型コロナに関する検査はどんな種類のものがあり、違いは何か、

どんな症状がある方が受けられるのかなどについてお伝えしていきます。

新型コロナの検査を受けるまでの流れ

引用 Yahoo!ニュース


スポンサーリンク

新型コロナの検査の内容と費用について

引用 Yahoo!ニュース


スポンサーリンク

新型コロナの検査を受けられる人はどんな症状なの?

息苦しさ、強いだるさ、高熱等の症状がある

重症化しやすい方で軽い風邪の症状がある

風邪の症状が数日以上続く

症状には個人差があります。強い症状だと思う場合にはすぐに相談してください。

 

重症化しやすい方は 高齢者、あるいは糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)

などの基礎疾患がある方、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方

新型コロナにかかったと思った時に相談する所

かかりつけ医や地域の相談窓口に相談してください。

スポンサーリンク

新型コロナの検査で陽性となった場合は隔離が必要になる

隔離は大きく分けて2通りになります。
すでに入院している場合は診断後、医師が保健所へ届け出を行います。
そして、隔離された病室での入院となります。
自宅待機となった方は診断後、医師が保健所に届け出を行います。
保健所から連絡があり、入院・ホテル療養・自宅待機などが指示されます。

新型コロナの退院基準は?

<症状がある方>

  • 発症から10日後、かつ症状が軽くなって72時間経過した場合
  • 症状が軽くなって24時間経過したあと、間隔を空けた2回の検査で陰性を確認した場合

<症状がない方は>

  • 検査から10日経過した場合
  • 検査から6日経過後、間隔を空けた2回の検査で陰性を確認した場合

まとめ

いつ、自分が新型コロナに感染してもおかしくない現状ですので、

検査や相談窓口、隔離、退院基準を頭の隅に入れておいても

損をする事はないと思います。

 

お子さんが症状があっても、重症化しないからと検査をなかなか

受けられなくなかったという話も聞きます。

そういう場合は、電話で相談窓口に相談したり、別の病院にかかるなど

粘って欲しいと思います。

 


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました