三浦春馬& 多部未華子 ラブストーリー 映画 「アイネクライネナハトムジーク」




こんにちは、かなです。

 

「僕のいた時間」で私もファンになった三浦春馬&多部未華子の2人が演じる

ラブストーリー映画「アイネクライネナハトムジーク」の発表がありました。

 

とてもいい感じの2人なので、私も見るのが楽しみです。

 

引用 (C) 2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

 

伊坂幸太郎氏が初めて手掛けた恋愛小説集「アイネクライネナハトムジーク」が原作となり、

「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」ト長調 K.525は、

モーツァルトが作曲したセレナードのひとつで「小さな夜の曲」という意味を持っています。

 

監督は現在公開中の映画「愛がなんだ」で注目を浴びてい今泉力哉氏。

主題歌はシンガソング・ライターの斉藤和義による「小さな夜」。

映画「アイネクライネナハトムジーク」の公開はいつ?

9月13日より宮城県先行公開、

9月20日より全国公開となっております。

 

 

「アイネクライネナハトムジーク」の予告

引用 気まずげな二人のデートシーン –

(C) 2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

 

 

予告編ではつきあって10年になる佐藤(三浦)と紗季(多部)のデートシーン。

何やら雲行きの怪しい会話から始まっています。

 

物語は、街頭アンケートに立つ会社員・佐藤(三浦)と、

快くアンケートに応えてくれた紗季(多部)の出会いから始まります。

 

アンケートを書く紗季の手には「シャンプー」の文字が書かれていて、

それを微笑ましそうに砂糖が見つめています。

 

このシーンを見ただけでも、2人が付き合っていくのが読み取れます。

 

二人の小さな出会いが、さまざまな人を巻き込み、

10年の時をかけて奇跡のような瞬間を呼び起こしていきます。




登場人物にはこんな人たちが

 

佐藤の大学時代の同級生の一真(矢本)と弓(森)は幸せな家庭を築き

子供にも恵まれ、楽しそうに暮らしています。

 

一方、由美の友人の美奈子(貫地谷)は、声しか知らない電話の相手に

意味ありげに「今のままが居心地がいいというか……」と呟くのです。

 

また、原田泰造演じる佐藤の上司が

「最近ようやくわかってきたよ。カミさんが何故、家を出て行ったのか。でも、彼女で良かったよ」と語ります。

 

不器用ながらも愛すべき人々が紡ぐ、

10年にわたる出会いの連鎖と小さな奇跡を描いていきます。

 

矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、貫地谷しほり、原田泰造が出演します。



三浦春馬&多部未華子のカップルは3度目

 

映画『君に届け』2010年9月25日公開

 

引用 https://career-find.jp/archives/51830/2

 

テレビドラマ「僕のいた時間」フジテレビ  2014年1月8日〜

引用 https://career-find.jp/archives/51830/2

 

 

三浦春馬&多部未華子

 

引用 https://career-find.jp/archives/51830/2

 

 

この2人が映画「アイネクライネナハトムジーク」では、どんなカップルを描き、

どんなラブストーリーになっていくのでしょうか?

公開日の9月20日が楽しみです。





エンタメ関連記事

千葉雄大がドラマ2019年NHK「盤上のひまわり」で主演

柳楽優弥の子供時代の作品は何があるの?

竹内涼真は元々ネガティヴ思考だった

堺雅人大学受験に失敗し、早稲田大学に入学

原田知世 ドラマ10 「紙の月」ー犯罪に手を染める