内海桂子 97歳が入院していた!

エンタメ

東京園芸界の現役最高齢の漫才師である内海桂子さんが

都内の病院に1月から入院していることが判明した。

内海桂子さんの入院の理由は?

入院の理由は歩行困難ということでリハビリを兼ねたものであり、

病気や体調不良ではないと関係者は伝えている。

 

3年前の2017年1月、転倒して大腿骨骨折の大怪我をしている。

しかし、手術とリハビリを乗り越えて3ヶ月後に舞台に復帰したという

エピソードの持ち主である。

 


スポンサーリンク

内海桂子さんは現在97歳だが、Twitterもしている

内海桂子さんは2010年8月(当時88歳)から

公式Twitterを開設して、ほぼ毎日更新してきた。

しかし、今年4月14日を最後に更新がなくなり、

ネットでも内海さんを心配する声が上がっていた。


スポンサーリンク

内海桂子さんのプロフィールと経歴

<プロフィール>

名前 内海桂子(うつみけいこ)

生年月日 1922年9月12日

血液型 A型

出身地 東京都

 

<経歴>

1938年 高砂屋とし松とコンビで浅草橋館に漫才で初出演

1950年 内海好江とコンビを組み「内海桂子・好江」を結成

1958年 「NHK漫才コンクール」優勝

1961年 「芸術祭奨励賞」受賞

1982年 芸術選奨 文部大臣賞受賞

1989年 紫綬褒章受賞

1998年 漫才協団会長に就任

 

漫才活動の他にも映画・ドラマ・トーク番組・

レポーター・講演会での講師・

日本映画学校の漫才科講師を歴任してきた。

 

常に新境地を開拓して芸能活動を続けている。

1982年度に受賞した芸術奨励文部大臣賞は

漫才としては初めての受賞です。


スポンサーリンク

内海桂子師匠に弟子入りをしているナイツが語る

内海桂子師匠がいて、漫才協会の師匠がいて、

ということになって、初めはバカにしていましたけど、

割と厳しい人もいるし、いろいろ教えてくれるので、

芸人としてこうしなきゃいけないっていうのを学びました。

上座・下座がわかるとか、おごってもらった次の日には電話するとか。

 

師弟には生産性とかそういうのじゃないものってあるんですよ。

それが俺は結構大事じゃないかなと思うんですよね。

3日あれば寿司職人になれるっていう話があったじゃないですか。

それは別に寿司は作れるけど、そうじゃないんじゃないのかな、とは思う。

3年間その師匠の下で修業したことが、後になって役立つっていうのが

あるんじゃないかなとは思うんですよね。

昔は師匠からめちゃくちゃ呼び出されたりしたっていうのが、

結局はおいしいわけじゃないですか。

 

そういう経験ってお金を払ってもできないじゃないですか。

今はお金を払ったらできちゃう経験しかないから、

お金で買えない経験をするべきじゃないかなと思いますよね。

 

ナイツの塙さんのtwitterより

Twitter

最後になりますが、97歳と高齢の内海桂子さんですが、

リハビリをじっくりとして、またお元気な姿を

拝見させていただきたいと思います。


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました