芦田愛菜が医者を目指しているのに女優を辞めないわけ

芦田愛菜さんが医者を目指しているのに、女優業は続けていくという

ニュースを読みました。

「女優をしながら、医学部を目指すなんて無理なんじゃない?」と

思われた方もいらっしゃると思いますので、

芦田愛菜さんが医者を目指しているのに女優を辞めないわけについて

お伝えしていきます。

芦田愛菜さんが医者を目指しているのに女優を辞めないわけ

それはズバリIQが高いからです。

IQは遺伝的な要素がかなり大きいです。

IQは、児童期(41%)よりも成人期初期(66%)と年齢が上がるにつれ遺伝の影響が大きくなり、

その後はほぼ横ばい傾向だという。

これは、子どものときのほうが知能に関して刺激的であるかどうかといった、

家庭環境の差による影響を受けやすいためだという。

そう語るのは、慶応大学文学部教授(教育学)で、ふたご行動発達研究センター長の

安藤寿康さんだ。

引用 https://dot.asahi.com/aera/2019072400072.html?page=1

 

それなら、芦田愛菜さんのご両親はどうなのでしょうか?

 

芦田愛菜さんの父親の芦田博文さんは早稲田大学の商学部(偏差値70)を卒業されています。

42歳で三井住友銀行の支店長となり、同期の中でも一番早く出世したとの事です。

母親の詳細は不明ですが、一流大学卒業とわかりました。

 

芦田愛菜さんはこの二人を親に持っているわけですから、IQは高くて当然だと言えます。

現在、芦田愛菜さんが現在通っている高校は慶應義塾女子高等学校で偏差値は77です。

高校でも、成績はトップクラスとのことです。


スポンサーリンク

IQが高いとどういうことが出来るのか?

芦田愛菜さんの本好きは有名ですね。

小学生の時に月間60冊を読破したこともあり、

中学生になってからはマンドリンクラブと化学研究会を掛け持ちしていることもあって

ペースダウンしたというが、それでも年間300冊は読んでいるそうです。

 

私の近くにIQが150近い人がいますが、その母親によると本を読むスピードが

人の2〜3倍で、小学校の低学年でハリーポッターのあの厚い本を1時間で

読んでいたと聞きました。

別に速読法を使っている訳ではありませんが、大抵の本は1時間あれば

読んでしまうとの事です。

 

また、勉強の仕方も凡人とは異なります。

頭の回転も早く、教科書や参考書を理解するスピードがとても速いので、

勉強にも時間がかかりません。

 

先ほどのIQ150近くの子は夏休みなどに勉強の時間割を父親が作るのが、

とても苦痛に感じていたと言います。

なぜなら、1時間ずつ「数学」「英語」と決められても、決められた内容は

20分ほどで終わってしまうから、残りの40分がもったい無くて、

とても嫌だったそうです。

(この父親は再婚相手なので、子供とは血縁関係に無いため、

IQが相当に離れていたと思います)

 

母親からすると、「え?本当に勉強が終わったの?」と驚く速さだったそうですが、

そのくらい短時間で済んでしまうのです。

その母親もIQは126と高めですが、150となると異次元の世界のようですね。

 

芦田愛菜さんの場合も、勉強時間が短くても何ら問題がないと思われます。

それを証明できることが過去にありました。

偏差値の高い私立中学受験は普通4年生くらいから始めます。

そうしないと、自分が希望した中学には受からないからです。

でも、芦田愛菜さんはそれを半年で済ませて、見事合格しています。

 

さらに、現在も芸能関係の仕事をしながら高校でもトップクラスの

成績ですよね?

 


スポンサーリンク

まとめ

芦田愛菜さんはIQが高いことで、短時間で勉強が出来て記憶してしまうので、

医者を目指しているのに女優を辞めなくても、両立はできると思います。

まだ、高校生で体育が苦手ということなので、健康面には十分に気をつけて

頑張って欲しいと思います。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました