半沢直樹で堺雅人自身が剣道シーンをやっているのか?

エンタメ

半沢直樹2が大反響で視聴率がなんと24・3%という数字です。

ストーリーや堺雅人さん始めとする俳優陣の演技もすごいのですが、

半沢直樹に引き続き、半沢直樹2でも剣道のシーンが出てきていますね。

中には、「本当に堺雅人さんがやっているの?」と疑問に思っている方も

いるので、半沢直樹の剣道のシーンは本当に堺雅人さんがやっているのか、

堺雅人さんと剣道、剣道場はどこを使っているのかについてお伝えしていきます。

半沢直樹で堺雅人自身が剣道のシーンをやっているのか?

堺さん自身は子供の頃からインドア派で趣味は読書でした。

その後、中学時代は吹奏楽部、高校時代は演劇部に所属ということで、

運動とは全くと言っても良いくらいに縁がありませんでした。

というわけで、元々剣道が上手かったわけではありません。

 

しかし、ドラマでは剣術の腕前も半沢の魅力の一つになっています。

TBS宣伝部によれば、 剣道のシーンは堺さん本人が演じているそうですが、

堺さんは学生時代なども剣道の経験がないそうです。

 

「達人を思わせる構えや動きは、道場へ通って特訓を受けた成果なんです」

とのことで、剣道の経験が無いのに特訓を受けて達人並みになる事ができるのは、

堺さんの演技に対する姿勢がどれほど厳しいかが分かるような気がします。

そして、現在では素振りも有段者ほどの腕前になっています。

 


スポンサーリンク

半沢直樹で堺雅人自身が剣道をやっているが、これまで演じてきた剣の使い手の役はあるの?

2003年 映画『壬生義士伝』(みぶぎしでん)に沖田総司役として出演していました。

その映画の撮影中に山南敬助役をオファーされている。

 

2004年 大河ドラマ『新選組!』での山南敬助役を演じています。

なお、山南が切腹する第33回「友の死」は、視聴者からの支持が高く、

2004年末に「アンコール2004」という形で、1話のみ異例の再放送をしているのです。

 

2011年『塚原卜伝』で塚原新右衛門(つかはら しんえもん)を演じていました。

常陸国鹿島の人。卜部吉川家に生まれるが、世継ぎの無かった塚原家の養嗣子となる。

実父・吉川覚賢から「鹿島中古流」を、養父・土佐守や松本備前守からは

「神道流」を学び、特に松本門下の中では抜きんでた才覚を示す。

元服後、諸国回遊を志し、鹿島の太刀を広めるという大義名分の下、

山崎左門とともに鹿島を出る。

小田原で伊勢宗瑞の元で剣術指南役を務めたのち上洛し、

管領代・大内義興の客分となる。

御前試合などでその実力を存分に発揮し、“当代随一”“海内無双”の称号とともに

東国・近畿・西国に名を轟かす剣豪へと成り上がってゆく。

しかしその一方で次第に死に臨む真剣勝負への恐怖と、

殺人者としての剣客の在り方に囚われるようになる。

その迷いを払拭するために大内家を辞して鹿島へ帰り、

千日参籠の末に奥義「一つの太刀」を会得するに至った。

鹿島で備前守に「一つの太刀」で勝利した後は山本勘助に誘われ、

新当流・塚原卜伝として再び鹿島を出、平法の剣を伝授する者を探す旅に出る。

引用 Wikipedia

まさに塚原卜伝は剣の使い手です。

 

塚原卜伝を放送している時に、私自身が合氣道を習っていました。

もちろん剣道とは違いますが、合氣道でも木刀を使う練習があります。

塚原卜伝を観たのは合氣道の先生(8段)に勧められたからでした。

その先生も剣の使い方を褒めていました。

合氣道では、間合いや「氣」を重視しますが、その視点から見た

堺さんの剣さばきは迫力も凄かったし、見事でした。

 

堺さんが演技のために特訓を受けて剣道を上達させる間にも、

剣の達人として塚原卜伝では主役として選ばれるということは

剣道の腕前もずいぶん上がっていると思います。


スポンサーリンク

半沢直樹で堺雅人自身が賀来賢人相手に剣道をやるシーン


スポンサーリンク

半沢直樹で堺雅人が剣道のシーンに使った剣道場はどこ?

四誠館ホームページより

前回の半澤直樹と同じ四誠館が使われました。

半沢直樹 富士山が見えるロケ地はどこ?富士山の見え方とアクセスについて

四誠館

住所:埼玉県川口市芝中田1丁目5−2

四誠館のホームページには「半澤直樹」(2013年)のロケをやった

写真が何枚かありました。

写っているのは堺雅人さんと遠藤賢一さんです。

もちろん堺さんの後ろ姿ですが、凛として素敵ですね。

まとめ

半沢直樹の剣道のシーンは本当に堺雅人さんがやっているのか、

堺雅人さんと剣道、剣道場はどこを使っているのかについてお伝えしてきました。

学生時代は運動とは全く縁がなかった堺さんですが、ドラマや映画の演技のために

剣道を特訓してきて、今の腕前になったという事がわかりました。

 

もちろん他の俳優さんも役に合わせて、何ヶ月も練習をしたという話は聞いた事がありますが、

堺さんのように、素人の状態から始めて有段者ほどの技術を身につけてしまうのは、

やはり、すごい事なのだと改めて思いました。

 

半沢直樹2はまだ続きますので、見所一杯のドラマの展開と共に

剣道のシーンもしっかりと観ていきたいと思います。

半沢直樹 富士山が見えるロケ地はどこ?富士山の見え方とアクセスについて

 

 


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました