草なぎ剛、大人用紙おむつCM出演!チャーミングなダンスも披露

エンタメ

草なぎ剛さんが大王製紙の大人用紙おむつブランド「アテント」の

新CMに起用されました。

草なぎさんは年齢もまだ若いし、男性ということで「アテント」の

イメージを変えるためにはぴったりだと思います。

「アテント」を製造販売している大王製紙が草なぎさんをCMに抜擢したねらいと

CM作成時のびっくりするようなエピソードをお伝えしていきます。

草なぎ剛、大人用紙おむつCM出演!『24時間テレビ43』より放送

新テレビCMが、22日・23日放送の日本テレビ系

大型特番『24時間テレビ43』より放送されます。

アテントは、介護の社会化に取り組んでいる最中です。

 

大人用紙おむつを下着の総称である「パンツ」と呼び、

おむつを恥ずかしいものとして隠すのではなく、

オープンにしてみんなで考えていけるポジティブなものに

変えていきたいと考えており、その一環で新CMを制作しました。

 

『24時間テレビ43』は、福祉・環境・災害復興の三本柱を援助の対象に掲げているので、

老若男女問わず視聴者自身がこれらの問題に向き合うことができます。

「おむつのことを恥ずかしいものとして隠さずオープンにしてみんなで考えていきたい」

というメッセージを生活者に訴えるには絶好の環境であると考えて、

この番組からCMを放送することになったという訳です。

 

CMは全13篇、介護の社会化に関わる13のテーマで構成されている。

なお全13篇は、キャンペーンサイト内で見ることが出来ます。


スポンサーリンク

草なぎ剛が大人用紙おむつCMに出演、CM撮影のスタッフがなんと・・・

なんと!監督やプロデューサーをはじめとする制作チームも、

アテントのパンツ着用という正装で臨んだ収録というかつて無い熱の入れようです。

監督、スタッフとの顔合わせの際、そのことを草なぎさんに伝えると、

草なぎさんはすでにパンツを着用していて、

「僕も今はいていますが、とっても快適です」

「はいていること、忘れちゃう」

「これでライブしてもいいかも?」と笑顔でコメントしていたそうです。

 

一日中パンツをはき、休憩中もすぐに自分の席に戻って、

何度もセリフを反芻したり、パンツの資料を読み込んだり、

想いを込めて撮影に向かった草なぎ。

 

「こだわり」篇での、折りたたんであるパンツを広げて、手でさわったり、

その特長を紹介するシーンでは、耳に近づけ、

「紙なのに、カサカサという音がしないんだ」と、

自然体の演技でした。

 

「パンツの歴史」篇の撮影中には「即興で踊ってほしい」という監督の無茶振りに、

オリジナルの振り付けですぐに対応した草なぎさん。

監督を「さすが」と唸らせるほどのチャーミングなダンスを披露したため、

急きょセリフがない踊りだけのカットを長回しにする展開になったとのことです。

 

さらには「何の踊りだ、これは?」とオリジナルで踊りながら、自分にツッコミを入れ、

スタッフも大笑いという和やかな雰囲気の撮影現場でした。

現場ではその直後、このダンスを「アテントダンス」と命名したとのこと。

 

「CM の限界」篇で、最近生まれたフレンチブルのワンちゃんの話になると、

草なぎさんはすっかりデレデレになってしまい、

「かわいいんだ、これが」と家族の一員の犬を大事にしている姿も見られました。


スポンサーリンク

まとめ

「アテント」を製造販売している大王製紙が大人用紙おむつを

下着の総称である「パンツ」と呼び、

おむつを恥ずかしいものとして隠すのではなく、

オープンにしてみんなで考えていけるポジティブなものに

変えていきたいと考えており、その一環で新CMに草なぎさんを起用しました。

 

草なぎさんはもちろんの事、スタッフ全員が「パンツ(アテント)」を履きながら、

CM撮影が行われました。

きっと「パンツ」を履くという体験をしなければ、作れないCMになっていると

期待が持てます。

利用者からすれば、お値段が下がると尚嬉しいのですが。

 

 


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました