文豪ストレイドッグス アニメ1期第3話の感想と芥川龍之介

マンガ、アニメ、舞台

文豪ストレイドッグスのアニメ第3話

(ヨコハマ ギャングスタア パラダヰス)を

ネタバレ無しでお伝えします。

 

かなり強引に入社試験を受けさせられて、

敦は武装探偵社に入ることになってしまいました。

文豪ストレイドッグス アニメ1期第3話での国木田の采配についての疑問

樋口という若い女性が武装探偵社に仕事の依頼に来ます。

「見張り」という仕事内容だと依頼通りに受け取り、

国木田は敦に初仕事として担当させる事にしました。

谷崎潤一郎と妹のナオミも同行する事になりました。

 

出かける前に、この辺を仕切っているポート・マフィアの

ボスの芥川龍之介の写真を敦に見せて、

「こいつには絶対に会うな。会ったら逃げろ」と

告げるのでした。

 

ポート・マフィアという組織のことも敦は

何も知りません。

さらに、芥川がどれほどの異能力を持っているかも

わからないまま、初仕事とは国木田さんの思考が

私は理解できません。

 

入社試験に合格したといっても、敦は長い間

孤児院で暮らしていたので、武装探偵社がある

横浜の地域や探偵社が扱ってきた事件などの

レクチャー、強敵と思われるポート・マフィアの

情報は先に教えてから、仕事をさせるのが筋だと思うのですが。

 

敦に何も教えずに初仕事をさせるのなら、国木田か

太宰がフォロー出来る様に同行するべきなのに、

探偵社の助手をしている谷崎で大丈夫なのですか?

 


スポンサーリンク

文豪ストレイドッグス アニメ1期第3話での芥川と敦のバトルシーン

 

こんな事を考えていたら、あっという間に

依頼者の樋口に行き止まりに連れ込まれて

しまったのです。

さらに樋口は電話で芥川を呼んでしまいます。

 

人虎じんこには裏社会では70億円もの懸賞金がかかっており、

人虎の生け捕りがポート・マフィアの目的でした。

 

敦は自分が今まで生きることさえ認められて

来なかった事を思い出し、それをバネに

戦いに臨む決意をします。

そして〇〇に変身したのです。

敦が自分の意志で変身したことにちょっと感動。

 

芥川は相当に強いのです。

異能力名は『羅生門』ですが、何種類も術があります。

敦の変身した姿も強く、機関銃が当たっても跳ね返してしまいます。

芥川と敦が変身した〇〇のバトルシーンはなかなか見応えです。

 

しかし、樋口の狙いを最初から分かっていた太宰によって、

止められてしまいました。

私としては、もっとバトルシーンが見たかったのに、残念でした。


スポンサーリンク

文豪ストレイドッグス アニメ1期第3話の感想

それにしても太宰は相当のキレものなのでしょうか?

それとも、樋口が怪しいと思ったのはただの勘ですか?

それは今後の活躍を見て決めていこうと思います。

 

同じポート・マフィアの一員でも芥川は力も凄いし、

落ち着いていますが、

樋口は器が小さく、腕も中途半端な感じがします。

 

芥川は人を殺すことも何とも思わない残忍な人なのに、

樋口のように威張ってばかりいる生意気な人より、

私が芥川の方が良いと思ってしまうのは、何故でしょう?

 

まあ、実際に樋口のような人が会社などの組織にいたら、

煙たがられて嫌われるのがオチだと思うのですが。

 

芥川から聞きづてならない言葉を聞いてしまいました。

「元ポート・マフィアの太宰さん」

 

なぜ、ポート・マフィアに属していた太宰がそれと闘う

武装探偵社の一員になったのでしょう?

これからのストーリーに大きく関わってくる事を大いに

期待したいですね。

この謎は愉快な気分をくすぐります。

 

芥川からは武装探偵社を襲うと言われてしまいますが、

動じないばかりか、「やれるものならやってみろ」と

余裕しかない太宰なのです。

太宰って、こんなカッコイイ男だったかなあ?

 

敦くん、自分の意志で変身出来るようになって、

また前進したね。

これからの活躍も楽しみにしてるよ。

(完全に敦ひいきの読者より)

 

 

 


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました