志田勇太郎元警視が102歳の叔母の殺人未遂で逮捕 

事件の概要

 神奈川県警緑署は16日、同居する叔母(102)の首を絞めて殺害しようとした

として殺人未遂の疑いで、横浜市緑区中山、無職、志田勇太郎容疑者(66)を

現行犯逮捕した。

 

叔母は病院に搬送されたが命に別条はない。

署によると、志田容疑者は「介護に疲れ、首を絞めたのは間違いない」と認めている。

逮捕容疑は16日午後9時5分ごろ、自宅で寝ていた叔母の志田千枝子さんの

首をプリンターのコードで絞め、殺害しようとした疑い。

 

署によると、志田容疑者は妻、千枝子さんと3人暮らし。

足をけがした千枝子さんを引き取り、今月上旬から同居を始めた。

志田容疑者は1階で千枝子さんの首を絞めた後、殺害したと思い、自ら署に通報した。

妻は2階にいたという。

 

捜査関係者によると、志田容疑者は同県警の元警察官。

県警泉署長などを務めたという。

引用 Yahoo!ニュース


スポンサーリンク

志田勇太郎容疑者の顔を特定

10年前の写真。

横浜市泉区警察署長に就任したときのものです。


スポンサーリンク

事件が起こった現場は自宅

横浜市緑区中山


スポンサーリンク

まとめ

「介護に疲れ、首を絞めたのは間違いない」と志田容疑者が認めていますが、

自宅に叔母を引き取ったのは今月で、介護は実質2週間余りです。

 

介護は何年にも及ぶことがあり、老老介護だと自分も疲れ切って

殺害に及ぶ事件も今までも起きています。

しかし、志田容疑者は66歳で警察署長も務めて、体も鍛えているでしょうし、

体格も良さそうです。

 

たった2週間の介護で疲れることはあまり考えにくく、

叔母の志田千恵子さんとのトラブルはなかったのでしょうか?

 

取り調べの中で、真相が明らかになる事を望みます。

 

志田千恵子さんは病院に搬送されたが命に別条がなくて、良かったです。

 

 


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました