前橋で高級金魚やメダカの盗難相次ぐ。改良の努力が水の泡に・・・

今年は家で楽しむことを求める人が多く、その中で高級金魚やメダカの飼育を

楽しむ人が増えています。

平年なら各地でお祭りがあり、「金魚すくい」があるのですが、

それが一切ないことで、金魚を育てる仕事をしている人たちは

高級金魚に力を入れていると、先日のニュースでもみたばかりです。

事件の概要

 前橋市で高級金魚やメダカの盗難が相次いでいることが8日までに、

関係者への取材で分かった。

前橋市の男性宅では7月下旬から今月にかけて、総額10万円相当の被害があった。

近隣でも同様の被害が複数件確認されているという。

◎被害判明時 いずれもふたが閉められた状態

岡田さんが育てている「らんちゅう」と呼ばれる品種の金魚

 

 群馬県メダカ協会長を務める同市の岡田修一さん(69)宅では、

7月下旬から5回の被害に遭い、計約100匹、総額10万円ほどの金魚が盗まれた。

チョウのような尾びれが美しい「蝶尾(ちょうび)デメキン」、

丸い形が特徴の「ピンポンパール」「宇野系らんちゅう」など、

体形やひれの状態からAクラスと評価される金魚が標的にされ、

高いものでは1匹1万円ほどするという。

 同30日朝、自宅の庭にある発泡スチロールの鉢の金魚の数が減っていることに気付いた。

鉢はふたをしていた。その後も被害に遭ったが、

発見時はいずれもふたが閉められていた状態だったという。

盗難の被害を訴える岡田さん

 岡田さんは約30年間メダカを育て、昨年は全国の品評会で総合2位

となるなどの実績がある。ここ数年は金魚の飼育にも力を入れていた。

「何年も、何世代もかけて品種改良を重ねて育ているもの。値段以上のショックがある」

と肩を落とした。

 岡田さんによると今春以降、近隣の複数の愛好家宅でも、

新しい品種のメダカを中心にそれぞれ100匹程度が盗難被害に遭っている。

引用 上毛新聞

 


スポンサーリンク

岡田修一さんのFaceBookより

7月30日

やられました。ショック!!
蝶尾&蘭鋳 掬い盗られました。
蝶尾とリボンテール出目金の上物50匹、ランチュウ35匹、盗まれました。
金魚と泥棒のプロか、手口が凄い。

8月5日

今度は、東錦をヤラレました。😤😫
日中、忙しく動いていたので、今日の餌やりは夕方。

東錦の姿が確認できない、濁り水でも、青白い浅葱色は見えますが、見えません!!
また、掬い盗られました。

東錦二歳魚、赤と黒のマーブル模様、黒の点々がまさに大理石様、浅葱色が綺麗です。

アーモンド型だった胴も、面が四角くなりつつあり、肉瘤も盛り上がり始めていました。

関東東錦と鈴木東錦、どちらか見紛うような魚体、つぶ揃いでした。

今日から、防犯灯とカメラを付ける予定でしたが、その前に、ヤラレました。

蝶尾、ランチュウ、東錦と、私的に大切順の1.2.3.です。

全国品評会で優秀賞(総合2位)の紅白メダカ、

部門賞(ダルマ)1位の朱赤ダルマ(初恋)の仔たちなど、

メダカ鉢がたくさんあるのに、ピンポイントで金魚が盗られてます。

それも、上物、大切順に!!


スポンサーリンク

まとめ

「何年も、何世代もかけて品種改良を重ねて育ているもの。値段以上のショックがある」と

岡田さんがショックを受けているわけがよく分かります。

 

品種改良は、思った通りの金魚を作ろうと、良い品種ごとを交配させても、

必ずしも思うようには出来なくて、圧倒的に失敗する例の方が多いのです。

たくさんの失敗と何年もの時間を掛けなければ、世に出せる新しい品種を作る事が

出来ません。

 

生き物でさえも通販で買えるようになった今、高級な金魚を盗んで売って儲けようとしている

悪徳人(悪徳業者?)がいるのではないかと思います。

 

人の苦労も知らずに大事な金魚を盗んで、自分だけ儲かれば良いという考えを

持っている人たちが許せません。

 

 


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました